無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

337
2021/06/22

第11話

9.











中へと入り、席に座る
あなた
よいしょっ






(向かい合って座ってるよ!)









外はオレンジ色の夕日が綺麗に写っている




















この時間に観覧車はいいと思うよ


あなた
夕日綺麗...
夏油傑
ほんとだ









私達の乗っている所の前には、仲良く並んで座っている悟達がいる















ずるいなぁ、













あなた
...あ、傑
夏油傑
なんだい?
あなた
あの嫉妬作戦?って成功したの?
夏油傑
少し成功、って所かな
あなた
おぉー!
夏油傑
ははっ、そんなに喜ぶとは‪w
あなた
だって嬉しいもん!
夏油傑
...もうすぐ頂上だよ
あなた
ん?












ふと外を見ると、絶景が広がっている





















綺麗...

















そう見とれていると、傑に名を呼ばれる


夏油傑
あなた
あなた
ん?何傑?
夏油傑
よいしょ、









傑が私の横に座る


あなた
夏油傑
!...見ちゃダメ、ね







サッと傑の手で目を抑えられるが






















遅かった













あなた
ぇ、















そこには



























目の前でキスをしている悟だった

























あなた
ポロッ
夏油傑
(遅かったか...)
夏油傑
...大丈夫?
あなた
ぅ、傑っ、
夏油傑
あなた、
















顔をグイッと引っ張られる

















そして

























チュッ























っと軽いリップ音がなった







夏油傑
...私にしなよ、
あなた
ぁ、...















小さかったけどちゃんと聞こえた





















『私にしなよ、』




























顔に熱が集中する










あなた
っ、...////
夏油傑
ほら、降りるよ?
あなた
ぁ、っうん
夏油傑
はい、手ニコッ
あなた
うんっ、あんがとっ傑//
夏油傑
どういたしまして
あなた
ニコッ
















悟の事は、忘れ、ないとな




















もう私の事なんかっ、見てくれないのかなぁ、?












それと同時に傑にキスされたのを思い出す






















はぁ、どうしたらいいのですか、































神様、私は不幸なようです、...

















--------キリトリ線--------

おい、悟...お前さぁぁぁ


玲奈、お前もだ☺️

傑...ナイスっっっ