無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

Episode 11 夕御飯
PM 4:52
もうすぐ5時………
お腹空いたなぁ……
夕御飯にはちょっと早い時間かもしれないけど…

あ、そういえば、鳥人間この生き物はなにを食べるんだろう………
首から下が鳥だから……鳥らしい食べ物……?
首から上は人間だから………人間っぽい食べ物……?
そもそもお腹って空くのかな………
そもそも食べ物食べなくても生きていけたりして……
んー……
天宮真琴
あ、あのさ…
鳥人間
天宮真琴
お腹って…空いてる…??
鳥人間
…!!
大きく2回頷いた…
やっぱり鳥も人間もお腹は空くもんね!
よしご飯………
待ってなに食べさせるか決めてない…
天宮真琴
あ、あのさ…
鳥人間
天宮真琴
貴方あなたはなにを食べるの…?
鳥人間
「雑食だから、いろんなものを食べれる」
って、言われた……
天宮真琴
へぇ……
"言われた"って事は、言った人って建物の人なのかな…
天宮真琴
好きな食べ物とか………ない…?
鳥人間
う〜ん……
鳥人間
"トリニク"っていう食べ物が、今までで1番美味しかった…!!
天宮真琴
鶏肉好きなんだ…!!
おい待て、君は鳥じゃないのか?←
鶏肉って事は鳥の肉……
あの建物で鶏肉が鳥の肉だって事教わらなかったのかな……
あ、でもカラスって肉が好きだっていうよね…!
油っこい生肉………
……
天宮真琴
あったかなぁ……鶏肉………
冷蔵庫の中を探してるけど、無い…
天宮真琴
んー………無いなぁ………
鳥人間
あ、あの僕、なんでも食べられるらしいから、鶏肉じゃなくても全然…
天宮真琴
いや、冷蔵庫に納豆と卵くらいしかないんだよね…
昨日いろいろと使い切っちゃったんだよなぁ……
鳥人間
僕は別にそれでも充分ですけど…
天宮真琴
と、言っても私がさ…
鳥人間
あっ、そうですよね…
どうしよ……買いに行こうかな…
でも家でなにかしないかな…鳥人間この生き物は……
知らない生き物だからこそ不安…
そしてあの建物から逃げてきた生き物となれば、追われてる可能性だってある……
どうしよ…
今は一人暮らしだし、頼れる人もいないんだよなぁ………
天宮真琴
あのさ…
鳥人間
天宮真琴
留守番って出来る…?
鳥人間
"ルスバン"………?
天宮真琴
えっと、私、今から買い物に行きたいんだよね…
鳥人間
頷いた。

鳥人間この生き物は、意味が伝わっていれば頷く。
今日見ていてわかった。
天宮真琴
それで、貴方には家にいてほしいの…
首をかしげた
天宮真琴
えっと、貴方を買い物に連れて行ったら、周りから怪しまれるかもしれないし……
天宮真琴
買い物に連れて行けないから……
2回、ゆっくり頷いた。
天宮真琴
それで、家で"留守番"してる間は、
天宮真琴
何かを散らかしたり、壊したりしないようにしてね
大きく1回頷いた。
天宮真琴
あと、外に出ないでね…!!
天宮真琴
「ピーンポーン」って鳴っても、扉を開けないように…!!
天宮真琴
窓とか扉から声が聞こえても答えないようにして…
いろいろとお願いした。
…大丈夫かな………
不安だけど、行くか………
天宮真琴
じゃあ、買い物行ってくるね…!!
鳥人間
行ってらっしゃい……
─────────────────────────────────────────────
作者
作者
次回は、真琴さんが買い物に行く話です。
作者
作者
あ、関係ないですけど、カラスの鶏肉の知識(?)は、学校の冬休みに借りた本で学びました。
作者
作者
あ、あと、鳥人間くんの絵を描いているんですが、もうすぐ完成しそうです。
作者
作者
出来たら載せます。
作者
作者
作者の話が長くなって申し訳ありません💦
それでは次回をお楽しみに!!