無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第15話

Episode 13 鳥人間とトマト
鳥人間
(  º  º)(わくわく…)
トマト……鳥が気に入るのかな……。
なんかすごいキラキラした視線を感じる……w
そう思いながらトマトを洗い、くし切りにした。
天宮真琴
はいっ、トマト!
鳥人間
(✧ ✧)✨
鳥人間
( ´□` )アー…
天宮真琴
ちょいちょいちょい!!
鳥人間
…?
天宮真琴
顔にトマト汁つきまくるよ!?
作者
作者
↑ こういう感じでお皿に並べてあります。
作者失礼しましたεε=(((((ノ・ω・)ノ
鳥人間
……
鳥人間
…どう…したらいいの?
天宮真琴
えっと、おはs……
あっ、この人(人じゃないわ)手は羽なのか……
うーん、、、
トマト…ミキサーにかけるか!…あ、家にミキサーなかった……
天宮真琴
えっと…その…建物にいた時は…どうやって食べてた……?
鳥人間
……。
うーん、と考え込み
鳥人間
…顔にトマト汁…つきまくる…やつ…。
天宮真琴
あっ…そうなんだ…!
顔べっちゃべちゃになりそう……
…ちゃんと完全な 鳥 だったらよかったけどなぁ………
くちばしあるし…。
鳥人間
…食べて…いい?
天宮真琴
あっ!いいよいいよ!食べて!
鳥人間
ありがとう…
…何となく、鳥人間の顔が、嬉しそうに笑った……ような気がした。
鳥人間
…美味しい……!
鳥人間
とまと…美味しい…!
嬉しそうに、トマトをがつがつと食べて、
最後の1切れを残した…。
…そして
鳥人間
…最後の1個、…食べますか……?
なぜに1個…w
天宮真琴
あ、いや、いいよ!君が食べて!
天宮真琴
トマト3個セットでお買い得だったから!
天宮真琴
あと2個ある!
鳥人間
……最後の…1個は……美味しい…って……
あっ、そういう理由ね…。
天宮真琴
うーん…
どうするべきなんだろう…
食べる?……えぇ……。
鳥インフルエンザとかうつんないかな…
作者
作者
※鳥インフルエンザは、病鳥の体液や血液、糞尿との接触により感染します。
鳥人間くんは病鳥では無いです…。
作者失礼しましたεε=(((((ノ・ω・)ノ
…でもでもでも!食べないのも可哀想なんだよなぁ………
なんか…頼まれた事を断んのも苦手なんだよなぁ…………。
うーん、よし、決めた!

" !"
────────────────────────────────────────────────────────────
作者
作者
さてさて、真琴ちゃんは、最後の1個を食べるのでしょうか!
作者
作者
作者も悩んでおります!←
天宮真琴
作者さん、悩んでないで決めてください…。
鳥人間
食べるの…?食べないの…?
作者
作者
えー、それでは次回!真琴ちゃんはトマトを食べ○○!!
作者
作者
お楽しみに!