無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

Episode 7 怖いもの見たさ
今、家に帰り考えた。
あの建物に入るにはどうしたら良いか。
「お隣さん」というのを利用するか………
何か沢山買って、「沢山買っちゃったのでおすそ分けです~」って渡せば自然だね!
あっ……お金あるかな…………
あっ、無い。
天宮真琴
あっ!そうだ!!
ピーンポーン
天宮真琴
おっ!来たかなっ!?
ガチャリ
天宮真琴
じいちゃん!!
真琴の祖父
おぉ~真琴~!!
真琴の祖父
元気か?何か困った事は無いか?何か悪い事に巻き込まれてないk……
天宮真琴
あーもうじいちゃんは本当に、心配性だなぁ~!!
じいちゃんこそ元気なの?
真琴の祖父
あははっ笑もちろん元気さ!!
真琴の祖父
あ、そうだ!!
ほれ!!真琴の大好きな林檎じゃ~!!
そう……実は今日、じいちゃんが林檎(箱にいっぱい入ったやつ)をくれると言っていたのだよ……!!
天宮真琴
わぁ~!!
天宮真琴
おじいちゃんありがとう!!
真琴の祖父
どういたしまして!!
その後、じいちゃんといろいろな話をして、おじいちゃんは帰って行った。
真琴の祖父
じゃあな~!!
天宮真琴
うん!ばいばーい!!
…………さてと、
天宮真琴
じゃあこの林檎を「おすそ分け」に行くか!!
おじいちゃんがバスに乗って帰っていった所を確認し、私は林檎を持って(なんかカゴ的なのに入れて)隣の建物へと向かった。
────────────────────────────────────────────────────────────
作者
作者
はい。無理やり感がすごいですがお許しください。
作者
作者
おじいちゃんのタイミングが丁度良すぎる気がするのもスルーして下さい。
作者
作者
次回、隣の建物へと向かった真琴。一体どうなる…!?
作者
作者
次回をお楽しみに(*^^*)