無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

Episode 2 友達
天宮真琴
う~ん……
朝、起きてから私は考えていた。
天宮真琴
どうしよう………
何があるかも分からないし、勝手に家に入って住居侵入とかセ○ムせこむとかなると面倒臭い…………


まずはあの建物について調べなきゃな………







ピーンポーン
天宮真琴
え、あ、あ!?もうこんな時間!?
まぁ、そこまで遅い時間じゃないんだけどね笑


……って、まず出なきゃダメか。
天宮真琴
はーい……
???
真琴ー!迎えに来たー!一緒に学校行こー!!
天宮真琴
渚!!ちょっと待ってて!!
この元気な子は、「片桐 渚(カタギリナギサ)」。
私が引っ越して来て、すぐに仲良くしてくれて、通学路も同じだから、登下校はだいたい渚と一緒なんだ!!




ガチャン




片桐渚
真琴遅いー!!
天宮真琴
ごめんごめん!!
片桐渚
早く行こっ!!
天宮真琴
えーまだ時間あるじゃん笑笑
片桐渚
え!?そうなの!?
天宮真琴
そうだよ笑笑
片桐渚
いっつも真琴の家まで走ってるから分からなかった~笑
天宮真琴
なにそれ笑笑
天宮真琴
……………あ、あのさ………
片桐渚
ん?なーに?
渚なら隣の建物について、何か知っているはずだよね……………
天宮真琴
あの……………家の隣に、大きな建物あるじゃん……………?
片桐渚
…………………うん、
いつも明るい渚の表情が曇った。
天宮真琴
あの建物について…………なにか…………知ってる……………?
片桐渚
……………………る…………
天宮真琴
え?
片桐渚
し、知らない!!
片桐渚
でも、あの建物に入ったりとか、あの建物の持ち主に何かしたらダメ!
渚が、少し怒ったように言い放った。
天宮真琴
!?………
片桐渚
あ、ご、ごめん………つい………………
天宮真琴
ねぇ渚……………本当に何も知らないの…………?
片桐渚
……………………
天宮真琴
何か思い出したくない事でもあるの…………?
片桐渚
…………
片桐渚
真琴は…………勘が鋭いなぁ……………
渚は作り笑いをした。
片桐渚
…………本当に・・・、その建物に近づかない事、その建物の持ち主を刺激しない事…………とかを守れるんなら……………後悔しない覚悟があるなら・・・・・・・・・・・・、今日の放課後、学校の屋上に来て。
天宮真琴
……………う、うん………………
渚の様子が、いつもの渚では無いようだった。
それほどまでに、あの建物の存在は大きいのだろうか。
まぁ、その事は、放課後に聞こう………………
後悔しない覚悟があるなら・・・・・・・・・・・・って……どういう事だろう………
片桐渚
あ、ゆっくり話してたらもうこんな時間だよ!!
ほら急ご!!
天宮真琴
あ、うん!!
私は、いろいろな事に疑問を持ちながらも、学校へ向かった。
───────────────────────────────────────────────────
作者
作者
次回は、学校でのお話です。お楽しみに。