無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

Episode 8 林檎のおすそ分け
天宮真琴
よし……
林檎の準備OK……
そして着いた……(隣の家なのですぐ着きます)
天宮真琴
………ってあれ?チャイムが無い………
天宮真琴
ドア叩くしか無いか~………
ドンドン……
「はい?誰ですか?」
意外にも普通の声が聞こえた。
天宮真琴
えっ、えっと、隣の家に住んでる「天宮」という者です!!
「アマミヤ…………」
「なんの御用ですか?」
天宮真琴
えっと、林檎が沢山余ってるので、少し分けようと思いましてっ!!
「リンゴ………?」
すると、奥から数名が何かをぼそぼそと話す声が聞こえた。
「………ぁ………大丈夫……ろ………」
「じゃ…………………るね」
ギシィィ………




ドアの開いたところを見ると、
身長は幼稚園児くらい(100センチくらい)の人が出てきた。
全身を隠すように布を被っていて、どんな身体かは分からなかった。
???
ぇと………
天宮真琴
あっ!はいっ!林檎!!
天宮真琴
…持てる?
???
あっ、はいっ!ありがとうございます!
そう言うと、林檎が沢山入った段ボールを軽々と持ち上げた。


…………その時微かに、ワニのような手が見えた………
作者
作者
箱ではなく段ボールという事にしました。
天宮真琴
うわ~!力持ちだね!!
???
ぁ…わ、あ、ありがとうございます!
???
でっ、ではこれで、しっ、失礼致します!!
ギシィィ……
一瞬見えたあのワニのような手はなんだったのだろう…………
やはり、あの子も「実験台」にされた1人なのかな……
ん…?人を攫って実験台にするって事は……
宇宙人!?!?
いやいや………宇宙人……な訳ないかな……
だとしたら現実的に考えて………
もしかしてあの建物の中では………






















人体実験が行われてる………!?!?













────────────────────────────────────────────────────────────
作者
作者
はい、次の話くらいには(皆さんお待ちかねの)鳥人間さんを出そうと思います。
作者
作者
あっ、これって言わない方が良かったですかね?ネタバレ…………((汗
作者
作者
あ、次回をお楽しみに(*^^*)