無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第82話

79.


:morning☀️




テヒョンさん、

今日こそは遅刻しないようにとあなたちゃん宅へ.






\ピンポーン/




テテ
テテ
あなた!!
パク氏のオンマ
パク氏のオンマ
あ、テヒョン君も同じ大学受けるんでしょ?
テテ
テテ
はい
パク氏のオンマ
パク氏のオンマ
あなたをよろしくねぇ
テテ
テテ
そーですね‪w
you
you
なにコソコソ話してんの.
テテ
テテ
え、起きてんじゃん、
you
you
1人で起きれるもん!!
ジミン
ジミン
☁僕が起こしてあげたんだけど...
you
you
テヒョン行こ!!
テテ
テテ
うん
パク氏のオンマ
パク氏のオンマ
ファイティン⚐゙
ジミン
ジミン
ぬなぁ、頑張ってねぇぇえええええ!!




万端大学向かってるけど、

あなたちゃん、やっぱ不安で、

どーしよっておなか痛くなります、






それに気づくテヒョンさん.



テテ
テテ
大丈夫?
you
you
ちょっと緊張して、
テテ
テテ
あなた、今まで先生の為に
万端大学目指したんじゃないの?
テテ
テテ
ちゃんと合格して、
もう1回伝えてみるべきだと思うよ
テテ
テテ
だから、一緒に頑張ろ!!
you
you
うん!!



あなたちゃん、ちょっと安心して、

お腹の痛みも消えちゃいました。







そして、ながーい試験終わって、

2人で帰宅しました。






✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼



next ⏩ 合格発表