無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話


ゆんぎ先生 main



あれから、


どーしてもあなたの事を忘れることが出来なかった俺は、




いろいろ考えた結果





俺も新しい好きな人と一緒にいれば、

きっとこの穴が空いた心も満たされるのかなって考えた、





大学では、結構モテない訳でもなく、



いままでは、そんなのに興味がなかっただけだった、





でも、今の自分には、その方法しかこの気持ちを埋める方法はないように感じられた、、、




きっと、

いつかあなたとテヒョンより

幸せになってやろう




そう心で呟いたのだった、、、





✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼
ちょっと、いろいろな勘違い重なってるし、

もう、色々と凄いね、、、

恋愛は難しいってことかなwww


色々ありすぎて、逆に分かりにくくなってないか心配なのよね、、、


まぁ、また次回!!

でわわ、안녕~!!