無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第62話

60.

@公園



テテ
テテ
あのさ、

好きなら、ゆんぎ先生に告ってみれば、
you
you
だから、
そんなことしたら、
ただ先生困らせるだけじゃん、
テテ
テテ
そんなこと分かんないじゃん、
you
you
分かるよ、

彼女いる人に告白しても、振られるだけじゃん、
you
you
もう、傷つきたくないのッ、


.






.






テテ
テテ
先生に彼女はいない___




そう言って、テヒョンは1人家に帰っていった、





✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

NEXT ⏩ テヒョン side