無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話



あなたちゃんの視線の先には、、、





はい、ゆんぎ先生こと、ミンユンギ氏!!



先生の私服見て、
意外にかっこいいななんて思ったり、www





うん、あなたちゃんびっくりだよね、



まー、見つからないように、

観察することに、www





そしたら、

駅に止まった時、お母さんと4歳位の男の子乗ってきたのよ。



でも、席空いてないじゃん??




で、誰か譲ってあげないかなって思ってたら、


あのゆんぎさん、

いきなり立って、男の子に

座りな、って、



いや、当たり前かもだけど、

毒舌だったゆんぎ先生はどこへ、、、


って感じだよ??





まー、あなたが1番に思った事

『私にも、優しく接しようよ、』


ってwww




まー、電車の中で

驚きしかないあなたちゃんでした!!





で、隣にいたテヒョン氏は、と言うと、


うん、なんにも気づいてないwww


ずっと、あなたちゃん見つめてたのにねwww








_______________________
作者デス。
作者デス。
ゆんぎ先生、優しかった!!

あれだけ、あなたちゃんには、冷たいのにね~、



はい、次回は、

テヒョンと買い物行きます!!


でわわ、안녕~!!