無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話


ゆんぎ先生 side




『好きな人の恋愛相談とかのりたくなかった___』




あなたの発したその言葉が何度も頭の中をよぎる、、、


あなたがまさか俺を好きだったなんて、




あなたを愛してしまった事で
残っていた深い心の傷。

自分では、もう治ってて、
俺はあなたなんかいなくても、生きてけるって思ってたのに、




なんで、

こんなにも心が痛くなるんだろう。




こんなことしてはいけないって分かってるはずなのに、


きっと自分の気持ちに気づいたはずなのに、


結局、俺はこんな気持ちを紛らわそうと、
好きかどうかも分からなくなった彼女に連絡して、
デートに誘った、、、





ゆんぎ先生 side 終


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

ゆんぎ先生、あなたちゃんのことから逃げてるよね、、、

いろいろ複雑な関係になってきましたね、、、


次回も、お楽しみに!

でわわ、안녕~!!