無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話



テヒョン side










どーしよ、、、



また、あなたと距離を置いてしまって



馬鹿だよな、、、





無意識のうちに、あなたの事避けて、

これじゃどんどん嫌われる一方なのに、、、





塾出たのはいいけど、

行くあてもないし、、、





そんなこと考えながら、

頬を伝う涙を拭った、、、





俺、やっぱり弱いな、、、


こんなんじゃ、あなたを守ることすら、、、





そんなこと考えながら、


僕は、家の近くの公園に来ていた、






ブランコに乗って、

1人で泣いていた、、、







はずだったのに、

どこからか足音が聞こえてきて、




目の前に現れたのは、
























あなただった、、、





✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼


1週間近く出してなかった、、、

ごめんなさい🙇💦




次回は、あなた sideでお届けします!!

でわわ、안녕~!!