無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話



睡魔と戦いながら、ようやく学校に着いたあなたちゃん、


まぁ、教室入った瞬間寝ようとします、





しかし、ここでまた壁が、、、



ミンユ
ミンユ
あなた~!!
おはよ!!
ミンユ
ミンユ
何故にテテと2人で来ているのだ??
偶然??
テテ
テテ
いや、迎えに来て欲しいって言われたから、行った!!
ミンユ
ミンユ
え、あなた、、、
マジか、、、






って、もう完全に誤解されまくってるあなたちゃんㅋㅋ




でも、もうあなたちゃん、

机に伏せて寝ちゃったよ、
(o_ _)o.。oOOグゥグゥ・。・。・。zzzZZZ




まぁ、HRまであと15分__






起きたら誤解されてそうだねㅋㅋ






15分間の幸せなひとときを、

おやすみ、あなたちゃん(^_ _)zzZ


_______________________



短くてみあね、


いつか一気にバッって出したいのよね、、、



とりあえず、更新早くできるよう心掛けようかなㅋㅋ

次は、the 誤解 って感じのお話だね、多分、


では、また次回!!안녕~!!