無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第77話

74.


ゆんぎ先生 main





you
you
先生、好きです。
先生の彼女になってもいいですか?



まさか、あなたから告白されるなんて、


思ってもいなかった。






ちょっと不器用な告白も、

それでも一生懸命なとこも、

全部が可愛くて、





ほんとに嬉しかった.








俺があなたを振った理由.





あなたが気にしてた、


先生と生徒とかなんてどうでも良くて、






ただ俺自身にあなたを守れる自信が無かった.






また、この前みたいに

この俺の不器用さがあなたを傷つけたら、

どうしようって、





あなたが俺のせいで傷つくとこなんて.






でも、このままじゃ、


俺のあなたのことを好きな気持ちは大きくなるばかりだし、



なによりあなたに俺のほんとの気持ちを伝えたい








あなたが俺と同じ大学に受かったら、

必ず伝えるから



今度は、俺から___










next ⏩ あなた side