無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第54話

52.


@公園


ユンギ
ユンギ
こんなとこ呼び出して、どうした??
スジ。
スジ。
あのね、
私ッ、好きな人が出来たのッ、、、


って、涙ぐみながら話すスジちゃん。

大好きな人、目の前にして、ありもしない嘘をついたら、誰でもこうなりますよね、


ゆんぎさん、
呆然と立ち尽くすんですけど、

何となくスジの優しさに気づくんですよね、




ユンギ
ユンギ
俺の方こそごめんな、
きっと、お前を幸せにする資格なんてないよな、
ユンギ
ユンギ
もう、俺のために苦しまなくていいから、

そんな嘘ついたって、あんだけ近くにいたら分かるから、


その言葉を聞いて、もっと泣き出しちゃうスジちゃん。


スジ。
スジ。
ゆんぎさん、大好きでしたッ、、、
いままでありがとうございましたッ
ユンギ
ユンギ
俺がこうさせてしまったのかな、
ほんとにごめんな、俺にはもったいない位の彼女だったよ、
スジ。
スジ。
ゆんぎさんこそ、私には最高の彼氏でしたよッ笑
スジ。
スジ。
次は、お互い恋人出来てから、会いましょ!

ゆんぎさんより、幸せになってますからね!!
ユンギ
ユンギ
おう笑
じゃあ、またな!


そして、立ち去るスジを見送った。



スジ、いままでありがとう____



✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

待って、切ないよね、

スジちゃん。どれだけ凄い人なの、
好きな人の幸せ1番に考えてくれてるよね



はい、あなたちゃんの恋進展させろって人、お待たせしました!!

遂に、次回進展の予感www

でわわ、안녕~!!