無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第64話

62.


あなた side



私、どうすればいいんだろう、



『先生に彼女はいない__』



その言葉だけ残して、テヒョンは帰っていくし、






この前まで、彼女大好きなゆんぎ先生見てたし、
恋愛相談まで受けたし、



正直、
テヒョンのあの言葉を信じていいのかさえ分からない、





でも、テヒョンがあそこまで真剣に話してくれたことなんて
はじめてだった、










こんな私でも、

もう1回、恋してみてもいいのかな、





先生は、

もう彼女なんていらないって思ってるかもだけど、

私、頑張るね、










あなた  side  終



✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

あなたちゃん、やる気はあるけど、

今の状況どうするんだろ、



NEXT ⏩ すくーる


でわわ、안녕~!!