無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第60話

58.
テテ
テテ
あなた~、起きて~!!


はい、いつの間にか帰る時間に!


色々ありましたねぇ、




you
you
うーん、(´-ω-`)))コックリコックリ。。
テテ
テテ
ねぇ、あなた!!
you
you
うーん、起きてr__( ˘ω˘ )スヤァ…
テテ
テテ
あなたって!!
テテ
テテ
|ω・)先生、起こして


って、見つめてくるんですけど、



ゆんぎ先生、(ヾノ・∀・`)って笑

でも、空気的に先生がやるでしょ感が消えないから、


結局ね、



ユンギ
ユンギ
あなた、(小声)
ユンギ
ユンギ
起きて、(小声)
テテ
テテ
あの、ちゃんと声出しt__
you
you
うわ、待ってまって、あ、さようならぁぁ!!



はい、ゆんぎ先生パワーは、凄いのですwww



あなたちゃん、相当パニクって出て行くって言う、


最後のあれは、喋ったうちに入るのかな、



テテ
テテ
あ、あなた~!

せんせ、さようなら!!
ユンギ
ユンギ
あ、うん、


とりあえず、何が起きたのか分からないゆんぎさんでした、