無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話


テヒョン side


ゆんぎ先生の

"彼女が出来た"という言葉を聞いた時、

一瞬あなたの顔が曇ったのが分かった、、、



その後も、

無理に笑顔作って、おめでとうって、






こんなにあなたの好きな人が

身近な人だったなんて、、、


自分が振られるまで全然分からなかった、、、


ずっとあなたの事を見てきたはずなのに、、、




あの時、あなたの手は震えてた、、、


それに気づいたのに、
こんな時、僕は何も出来ないのかな、、、





涙目で、出ていくあなたを

追いかけることすら出来なかった、、、



テヒョン side 終


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

あなたの好きな人に気づいたテヒョン、


きっと、まだあなたの事
好きなんだよね、、、

うん、ってか、絶対好きだよね、

でわわ、안녕~!!