第11話

じ ゅ う い ち
175
2018/06/19 10:27





〜裕翔side〜






美月が急に倒れた。
裕翔
美月!?美月!!!
美月
………………………………
何も反応がなかった。
息はしていた。
裕翔
保健室っ……






❲保健室❳





裕翔
先生っ!美月は……
保健室の先生
非常に危険な状態です。すぐ病院につれていくので、
裕翔君もついてきてください。
裕翔
はい。

美月…… 死ぬな……






❲病院❳




俺が病室に行ったとき、美月は人工呼吸器をつけていた。
医者
意識が戻るまではかなり時間がかかるかと……
うっ…………
裕翔
美月…………
ガラガラッ
ドアから音羽が出てきた。
音羽
美月!?
医者
……………………
音羽は美月のそばに駆け寄って、泣いていた。
音羽
美月ぃ………起きて………………
結局俺は美月を幸せにすることなんてできない。
美月を守れもしない。
本当に自分が情けなかった。
裕翔
………………………………
美月、放課後あんなことをしてごめん。
俺にはやっぱり付き合う資格がない。
















❲1週間後❳







❲病室❳










〜大雅side〜
ガラガラッ
大雅
美月…………
今日音羽から話を聞いた。
きっと音羽は、早く言うと俺が心配して旅行に行けない

って思ったんだろう。



美月はまだ目を覚ましていなかった。



大雅
起きろ…………
俺は一晩中病室にいた。






❲朝❳



美月
………………たい………が?
大雅
!!
大雅
美月!!
美月
おはよう……
大雅
ああ!
嬉しくて涙がでそうになった。
美月
生き……てる…………
大雅
ああ。
美月は幸せそうに笑った。

プリ小説オーディオドラマ