無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

ナミダメ
嶋村冬馬
ハルト、何やってるの?
羽山ハルト
シマくん……えっと、
野々村カオリ
嶋村くんだっけ。
今日はただ遊びに来ているだけだよ
制服じゃないし校則違反にはならないし
嶋村冬馬
野々村さんも一緒に……?
ここまで追いかけるって本当にストーカーじゃない?
野々村カオリ
ストーカー?
私が? そ、そんなわけないじゃないか! 単に遊んでいるだけなのに!
嶋村冬馬
そんなに追いかけ回すとハルトが可哀想ってこともわかんないの?
可哀想?
可哀想なのか? 誰が? 僕が?
野々村カオリ
え……迷惑、だったのかな
嶋村冬馬
そんなことも分からないの?
迷惑に決まってるでしょ
その一言で野々村さんの顔が遂に引きつった。
いつもニマニマニヤニヤ笑ってて自信家の野々村さんが。
野々村カオリ
迷惑だった? 羽山くん。
……いつも歌うことを強要されて、迷惑と思わなかったことがあっただろうか。
羽山ハルト
……野々村さんは、確かに迷惑だったけど、でも、
嶋村冬馬
ほら、ね
嶋村冬馬
ハルトの気持ちも少しは考えてあげなよ
野々村カオリ
そう。そうなんだ
羽山ハルト
シマくん、待っ……
嶋村冬馬
ハルト行こう、野々村さんはもういいよ
野々村カオリ
……
野々村さんの目に何かの液体がレンズみたいにのっていたのを僕は見てしまった。