無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

彼女との関係
嶋村冬馬
ハルト
羽山ハルト
うん……?
さっきまで騒いでいたせいで周りの人の目線が刺すようで痛い。
それから野々村さんはこんなことを気にしない性格だ。
一生恨んでやる。
嶋村冬馬
野々村さんって、噂よりひどかったね
羽山ハルト
噂?
なんだっけ
嶋村冬馬
え? 知らない?
羽山ハルト
……知らない
嶋村冬馬
ハルトのストーカー
って言われてるじゃん
羽山ハルト
あ……まあ、そうなのかな。
性格は悪くないけど、ね
嶋村冬馬
まあ、思っていたよりもサバサバした人だったね
羽山ハルト
ていうか、今日の野々村さんはなんか、おかしかったような……
嶋村冬馬
そうなんだ、俺はてっきり、
キーンコーンカーンコーン……
学級委員
起立!
本鈴の音と共に学級委員の号令がかかり、僕たちの会話はかき消された。
それからの、休み時間は何とも──多少、僕を見てくる視線の他には──なかったんだけど。
【放課後】
野々村カオリ
やあ羽山くん、待ったよ。
君は今日、掃除当番だったのかな?
放課後になるとこの調子だ。
羽山ハルト
(僕は野々村さんのことを待ってないよーだ)
野々村カオリ
羽山くんが私のことを嫌ってるのは知ってるけど、そんなあからさまな態度を取ると、いつか反感を買ってしまうよ?
羽山ハルト
げ!
野々村カオリ
ん?
何かやましいことでも考えていたのかな
頼むからニマニマしないでほしい。
あ、もうすぐ血管切れそう。
羽山ハルト
……野々村さんは、なんの用ですか?
野々村カオリ
……放課後空いてるよね?
羽山ハルト
誘導尋問ゆうどうじんもんみたいな真似はやめてください。空いてません。
野々村カオリ
空いてるはずだよね、部活はないはず
羽山ハルト
シ、シマくんと予定が……
野々村カオリ
嶋村くんのことか。
嶋村くんなら今日部活があるはずだし……
完全にこちらのことはリサーチ済みらしい。くそ。
羽山ハルト
(やば……)
野々村カオリ
私、さっさと用件を終わらせたいから
はっきり言うね
羽山ハルト
だから、空いてませんって!!
野々村カオリ
言い訳は後で聞くから。
帰ったら着替えてゲーセンに来ること以上
羽山ハルト
……わかりました
そして僕は結局こう言ってしまうのだ。