無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

3
2021/07/23

第15話




あの後直ぐに布団に入って寝た。






だけど、上手く寝付けなかったのかな、





時計を見たら時刻は12時過ぎ







喉が渇いたから何かを飲もうとリビングに降りたとき、そこはもう明かりがついていた。






…、?





「___はぁ?なんだよ、それ。…まぁいいや。あぁ。だって、ぶっ殺す…だけだろ?」





、え、?




この声、柴咲…さん?






混乱してるのか頭が回らない。




そんな中で、なんとか体を動かしリビングに繋がるドアに耳をつけた。






柴咲 「あぁ。そーだよ。黒夜も狙われてんだろ?ま、でもあいつの天河組は、つえーから大丈夫だろ。とりあえず、こっちは万全の体制でもとって“あいつら”を殺りに行く。それだけだ。あとは頼んだ」







ぶっ殺す



黒夜





天河組てんがぐみ







…、どういう、、こと、?








カタッ…






柴咲 「…、紫…様……?」