無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

2
2021/07/23

第16話

⑭ 〜作者より



何が何だか分からない。




天河組って何…?



柴咲さんはなんで父さんを黒夜と呼んだ?



いやそれより、




「ぶっ殺す」って、何…?







カタッ…




ッッ!?





柴咲 「…、紫…様……?」




ッ…、




柴咲 「何故、ここにおられるのですか…?」





あぁ、どうしよう。






恐怖で足が動かない。





動けないや。






あれ




私ってこんなに





“弱虫”だったかな?





まぁ、




どーでもいーや。






紫 「…どういうことです、か?」




柴咲 「…あまり知ってはいけないと思うのですが?」




紫 「どーゆーことだよッッ…!」




柴咲 「あぁ、そんなに感情的にならないでください。美しい顔が台無しですよ?」





いつもの笑顔で言う。



こんなにこの人を恐怖そのものだと思ったのはいつ頃だろうか?




わかんないや。



なんにも。





紫 「あなたに聞きたいことが山程あるんだけど」




柴咲 「フッ…貴方に説明しなければいけないことが山程あるんです。」






は?




紫 「…ッッならッッ!」




今すぐ話してもッ




柴咲 「…今じゃ。ないんですよ。紫様。」





またにこりと微笑む。





何かを隠した顔で。





裏の顔。







あぁ、やっぱり。





心が暖かくなるのは




小さな幸せなのかと思ってた。





でもそうじゃない。




…全部“偽り”なんだ。




もし、本当にそれが幸せなら。





幸せって“一瞬”




やっぱり直ぐに壊れるんだね___。








˚✩∗*゚⋆。˚✩☪︎⋆。˚✩˚✩∗*゚⋆。˚✩⋆。˚✩☪︎⋆♪。.:*・゜*°





えぇどうも作者です✩.*˚




小説の設定がなんかもう変えまくってしまって





すみませんっっっ!!!!




最初は純粋?な恋愛小説にしようと思っていたのですけど…



なんかちょっと変わってきちゃって…、、、




恋愛要素(ここは最初と変わりません!)は欠かさず入れますが、これから極道とかなんか出てきます…、、、。
(予定です。)





恋愛を見たいと思って観てくれていた人、

本当にすみません、、💦




これからも、もし出来たら新作とか出そうと思ってるので…


リクエストとか貰えたら嬉しいなぁとか
思っちゃってます()




こんな作者ですが、これからも暖かい目で見てくださると幸いです(*´╰╯`๓)♬




いつも読んでくれている方、本当にありがとうございます!꒰ᐢ⸝⸝• ·̭ •⸝⸝ᐢ꒱