第37話

37
145
2020/12/03 14:44



久しぶりに4人で遊んだなあ、、、

楽しかったあ、、、

なんて余韻に浸りながら布団に潜ろうとした時











ピコンッ










晴人
晴人
今日はありがとう☺️
また遊ぼうね!!!
達也
達也
だな!
大我
大我
うんうん
あなた

そだね!(((既読3)))




4人で遊べた

前まではいつも通りのことだったのに

なんだかすごく幸せだった








































あなたが付けてた指輪
なんで俺も付けてたんだろ、、、?

達也くんの財布も、大我のポーチも

今日遊んでる間ずっと考えてた

まあたまたまなのかなぁなんて考えながら















晴人
晴人
今日はありがとう☺️
また遊ぼうね!!!



また遊ぼうねっていうのは4人でもだし
あなたちゃんと2人でも遊びたいって期待

まあそんなの恥ずかしくて言えないけど

ひと言だけ送ってお風呂の準備


















































もしかしたら思い出してくれるかもなんて
思って付けて行ったはるとお揃いの指輪

はるは「その指輪かわいい!」って
言ってくれたけどはるにも付いてるよ
って言いたくなった

はるがこれ似合うよって言ってくれたのに

忘れてんじゃないよ、ばか

もう、、、







あなた

なんだかなあ、、、




気づいたらもう1時近くになっていた






























































もしかしたら思い出してくれるかもなんて
思って持って行ったはるとお揃いの財布

はるは「それおしゃんじゃん?」
って言ってくれたけどお前が俺の誕生日に
プレゼントしてくれたんだろって思った

普段はなんか恥ずかしくて使えない財布

実は家にずっと綺麗に保管してる



達也
達也
あー、ビール飲も



気づいたら1時近くになっていた






































もしかしたら思い出してくれるかもなんて
思って持って行ったはるとお揃いのポーチ

はるは「それどこのやつ?めちゃ好き」
って言ってくれたけどお前がルミネエスト
行こっていきなり誘ってきて一緒に
買ったんだろうがって思ってた

こんな細かいことまで覚えてるとか、、、

なんか悲しいすら思わん

笑えてくる








大我
大我
LINEしよっかな



気づいたら1時近くになっていた

プリ小説オーディオドラマ