無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

○○さんどうする!?
二宮先生
二宮先生
実はですね、あなた川で倒れてたんですよ!                           それで俺がたまたま、通りかかってあなたを助けたってことですよ!
櫻井先生
櫻井先生
そうだったんだ
........................................................................................
作者
作者
突然すみません
作者
作者
あなたさんは、二宮先生が言っていた校長先生とお母さんには、話つけといたって二宮先生が言っていたやつは校長先生の話は信じて、おかあさんに話をつけといたってことは嘘だと思っています
…………………………………………………………………………………………
松本潤
松本潤
でもお母さん達には話つけてるの?
相葉先生
相葉先生
うん確かに
大野先生
大野先生
確かにね
二宮先生
二宮先生
うんつけてあるよ(お母さんは無理やりだけど)
二宮先生
二宮先生
(お母さんには、手紙で話つけてるから…)
あなた
あなた
あ、あの!わ、私、い、家に帰ります…
全員
えっ!なんで?
あなた
あなた
わ!私はもう大丈夫ですから気にしないでください
あなた
あなた
(お母さんから離れられるのは嬉しいけど、先生達といるとまたいじめられる…)
あなた
あなた
ではまた明日学校で!
あなた
あなた
さよなら先生
全員
あっ!おい
二宮先生
二宮先生
まてよ!
二宮先生
二宮先生
(二宮先生はあなたの手を引っ張った)
あなた
あなた
あっ!痛った!
二宮先生
二宮先生
あっごめ…
あなた
あなた
あっ!全然大丈夫です。ではまた明日、ではさようなら
ガチャ
櫻井先生
櫻井先生
あーぁ行っちゃった
櫻井先生
櫻井先生
あなたさん大丈夫かな…
相葉先生
相葉先生
さっきちょっと怯えてたね
相葉、二宮
相葉、二宮
早く追いかけないと!
大野先生
大野先生
待って!   今追いかけてもあなたちゃんを、また怖がらせるだけだよ
大野先生
大野先生
さっきだってあなたちゃん俺らを見て怯えてたじゃん
櫻井先生
櫻井先生
でも、これから家に帰ったらあなたちゃん虐待されるかもしれないんだぞ
櫻井先生
櫻井先生
それを見て見ぬふり振りをするのも…
大野先生
大野先生
そうだよね
大野先生
大野先生
みんなごめん
大野先生
大野先生
今からあなたちゃんの所へ行こう!
全員
それこそうちのリーダーたよ!
↑大野以外