無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

!?
5人の教師は、いつもの様に、5人で帰っていた。
櫻井先生
櫻井先生
じゃあ俺こっちだからばいばーい
相葉先生
相葉先生
俺翔ちゃんの家に泊まる!
櫻井先生
櫻井先生
えーー!  
なんで
相葉先生
相葉先生
嫌だ?
櫻井先生
櫻井先生
しょうがないなー。 
別にいいよ
大野先生
大野先生
じゃあ俺は左だから
松本潤
松本潤
俺は右だから
二宮先生
二宮先生
俺は真っ直ぐなんで
5人の先生
5人の先生
じゃあみんなばいばい!またあした!
…………………………………………………………………………………………
作者
作者
みんな急にすいません!
この前のアンケートの結果川から、助けたのは二宮和也さんにします。
二宮先生
二宮先生
俺かぁー
二宮先生
二宮先生
みんなありがとう
作者
作者
ではではお話に戻りまーす
…………………………………………………………………………………………
あなたは、川に落とされて、お腹も蹴られたので、立てないので、助けが来るのを待っていたら、意識がもうろうとしてきてあなたはそこで意識を無くした
二宮先生
二宮先生
はぁー夕日が綺麗だなーー!
二宮先生
二宮先生
あれ?誰か倒れてる?
二宮先生は倒れているにとのところへ行った
二宮先生
二宮先生
え!?
あなた
二宮先生
二宮先生
あなたー大丈夫か?
病院までは1時間かかるから先生の家に行くことになった!
二宮先生は、救急車に連絡して自分の家の住所を教えた
そして二宮先生はあなたを川から拾い上げて、お姫様抱っこをして急いで家に帰った!
二宮先生
二宮先生
うわ!?軽!
あなたの体重は24㎏だ!
家に着いた
二宮先生はあなたを寝かせた
そして先生が来た
ピーンポーン
二宮先生
二宮先生
あっ!こっちです
いしゃ
ももう大丈夫ですよ           安心してくださいでは私はもう帰ります!失礼しました。
二宮先生
二宮先生
ありがとうございました

作者
作者
今日はここまで 
ではまたいつか会いましょう