無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

起きたか
あなたは気づくと寝ていたらしい
あなた
あなた
んっ   イタッ
あなたは起き上がろうとした。
痛むのでそのまんまゆっくりベッドに横になった







ここどこだろう?と辺りを見回していると
磁石
磁石
あっあなたさん起きた? 
大丈夫?
あなた
あなた
あっはい
あなたは起き上がろうとしたが、櫻井先生と二宮先生が私の肩を抑えてゆっくりとベッドに横にならせる
磁石
磁石
無理しないで横になってて
あなた
あなた
はい...