無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

21(晴人side)
487
2021/04/10 09:12
二人を避けるようになった。
避けられてることに気づいたみたいで、二人は、特に達也くんは、心配そうに話しかけてくる。それが嫌でまた離れた。最近は撮影以外で二人に会わないようにしている。達也くんがうちに来ても入れない、太我が遊びに誘ってきても行かない。二人の電話もLINEも全部無視した。早く離れてほしかった。もう縋ってしまうことがないように、俺が手を伸ばしても届かないところに行ってほしかった。嫌いになってほしかった。
達也
達也
ハル、どうしたの
携帯に表示されたメッセージを見つめる。
達也
達也
俺ら何かしちゃった?
達也
達也
心配だ
達也
達也
明日撮影だし早めにうち来いよ
達也
達也
なんかあったなら話聞くから
同じようなのが太我からも大量に来ていた。辛かった。なんで嫌いにならないんだろう、俺はこんなに最低なのに。
晴人
晴人
(なにしてんだろ…)
嫌われるのが怖いから自分から嫌われようなんて、頭おかしい。わかってる。やってることが矛盾だらけだ。なんでこんなになっちゃったのかな。
晴人
晴人
うぅ…
呻き声が部屋に響いた。明日の撮影が嫌で、現実から逃げるように布団にうずくまった。





達也
達也
ハル!
撮影に行ったら、達也くんに抱きつかれた。
達也
達也
無視しやがって、ほんとに心配したんだぞ!
晴人
晴人
……ごめん
達也
達也
まじでどうしたんだよ、前より辛そうやん
晴人
晴人
なんでもない…
俺に抱きついたまま悲しそうに顔を歪ませるから、見ていられなくなった。達也くんはいつも辛そうだ。俺のせいってわかってるけど、俺だって変わりたいけど、でもどうしようもないんだ。
太我
太我
なんで言ってくれないん?
晴人
晴人
ほんとに何もないもん
太我
太我
わかりやすいんだよお前
達也
達也
そうだよバレバレだって。どうしたの?
晴人
晴人
なんでもない
太我
太我
辛いなら言えって…
晴人
晴人
なんでもないってば!
撮影を始めようともせず、二人して俺に詰め寄る。イライラした。なんでそんな心配そうな顔するの。
晴人
晴人
優しくしないでって何回言えばわかんの!?
達也
達也
でも
晴人
晴人
ほっといてよ!
思いっきり罵倒してほしかった。最低だって、あのときみたいに殴ってほしい。それでもう二度と俺を撫でないでほしい。
晴人
晴人
そんなに知りたいなら言うよ!怖いんだよ!どうせ離れてくんなら最初から来ないで!
達也
達也
何言ってんだよ、ずっとそばにいるよ…離れたりなんかしないよ
晴人
晴人
嘘つき!
達也
達也
嘘なんかじゃ、
晴人
晴人
優しくしないで、前みたいに適当に扱ってよ!前は好きなんて言わなかったじゃん!
太我
太我
それでお前が傷付いたから、これからはちゃんと言おうって、
晴人
晴人
いらないよ
頬を冷たい何かが伝った。涙だと気づいた。
晴人
晴人
どうせなくなるものなんていらないよ…!
達也
達也
ハル!
耐えられなくて達也くんちを飛び出した。後ろから何度も俺を呼ぶ声が聞こえたけど振り返らなかった。初めて撮影をサボった。
家に帰って、一人で泣いた。携帯の電源は切った。そうしないと二人からの着信が鳴り止まなかった。「みんな俺のことが嫌い」って何度も唱えた。それはいつかの夜に、俺を楽にしてくれた言葉だった。なのに、あんなに心地良かった言葉が、今は呟くたびに俺の胸を抉った。
晴人
晴人
嫌いだよ、嫌いだ、嫌い嫌いきらい…
涙が止まらない。愛されても愛されなくても辛い。
晴人
晴人
……きらい…………
呪いみたいな言葉に喉を焼かれながら、何度も自分に言い聞かせた。