第55話

超能力者
686
2022/07/29 11:41
「ていうかなんであの店って分かったの?」



スっと入ってきたし。

私の位置がすぐに分かったりするのかな。



梅原「この前店の場所見せてくれたじゃん。 」

「あれ、そうだっけ」



そう言われたらそんな気がしてきた。




____
梅原「よーし、今あなたが考えてること当ててあげようか」

「えー、絶対無理でしょー」



ちなみに私が今考えていたことは裕くん前髪いつ切るんだろうということ。

目にもかかってて見えずらそうだなーって思った。




梅原「俺の前髪はよ切れでしょ」

「え、、ちょ、ちょっと違うから不正解」

梅原「答えは?」

「前髪いつ切るんだろうなー」

「です。」

梅原「正解じゃねぇか笑」

「さんかくです」



梅原「じゃああなたが切ってよ。」

「いいよ。」



ハサミとクシを用意してと。

チョキチョキ


「あとどれ位切る?」


鏡を見るの眉間にしわを寄せて一言。


梅原「え、切りすぎじゃない?」

「え!?じゃあこれで切るの止める!」

梅原「まぁ、まだ許容範囲」

「そ、そっか、、」


1センチ位切ったけどそんなにだったかな!?