第57話

おなじ
655
2022/08/07 11:24
あなたは仕事が早く終わって先に家に帰っている。

もしご飯を作られていたらどうしよう。

そんな不安を感じながら家に着いた。



梅原「ただいまー、、って、、え?」

「ど、どう、、?」

梅原「あなたまで短くする必要ないじゃん」




目の前にはパッツンのあなたがいた。

ちょっと似合ってるのが悔しいな。

「どう?」

梅原「可愛いんじゃない?」

「もっと感想を」

梅原「……」



あえてここはスルー




「……。寝よ。」




体育座りのまま寝れるかよ笑
____
2時間後



テレビに没頭していた俺はあなたをほったらかしていた。



梅原「あなたー?」

「……、、」

梅原「寝てるのかよ」



とりあえずこんなところで寝られてもこまるからちゃんとベットに運びました。

スカート履いてるからパンツが丸見えなんだよなぁ、、


今日の色はピンクね。




梅原「……。」






寝てる時にこっそりキスしたのは内緒。