無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

時 間 割 。
私は小学校の頃、すんごいうるさいタイプ。笑

でも、人見知り。

初対面の人にはすごい真面目そうって言われるけど、

頭は良くない。

前は算数のクラスが一番下だった。

おまけに運動神経もそこまでよくない、

プール25メートル泳げないし。

でも足の速さだけは自信がある。

選抜リレーにも選ばれたし。。

「時間少しあげるので、時間割を書いてください。」

鳥田「見えな。。」

かずま「見えないの?
じゃあ教えてあげる〜笑」

わ、かずまがにひってした。

絶対悪いこと考えてる。。

かずま「えっ〜と1限が体育!!」

うそつけ、

1限は社会。

鳥田「。。。」

鳥田くんは手を止めた。

そして、私の方を見て

鳥田「ほんと?」

と聞いてきた。

わ、

『ち、ちがう。。』

鳥田「ほんとは?」

『社会。。』

鳥田「おい、お前〜笑」

かずま「騙されたな!!笑」

鳥田「2限は?」

『国語、』

かずまと鳥田くんと。。

そんなやり取りをした、

ちょっと、

楽しかった。。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

だ あ す 。
だ あ す 。
名 前 戻 し ま し た 。 前 → あらん🌸 やっほ〜!! あらんです✋ 🌷あらん🌸 🌷ちゅ〜がくいちね〜ん!! 🌷いちがつついたち〜🎍 🌷すかいぴ〜すとめるてぃ〜び〜すき♡♡♡ 🌷ころっけとぽてぇ〜とぉ〜はごっど😇✨💕 🌷プリ画でもかつどうちゅ〜♡♡♡ 🌷自由気ままに投稿します!! 🐨❤🐨
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る