無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

383
2021/08/04

第10話

7話
初めましての方、初めまして、知ってるって人は久しぶり夢乃あなたです。




今猛烈に困っております。
何に困ってるか?だって?
それは………………………………




モブ「東卍のNo.3!無双の女神こと、夢乃あなた!出てこい!」




HAHAw説明どうもありがとう。てか、なんでそんなに知ってるん?きっしょ(((




これ、ボコしていいの?




いいよ♡By作者




あなた「そんなにボコして欲しいの????ちょっとまってて!意識飛ぶまでボコしてやるよ」




モブ「舐めた口言えるのも今のうちだぞ!」




あなた「HAHAwブーメランで草」




2人って………2人で私に勝てると思ったのかな?馬鹿なのかな?場地並?




そんなことを考えていたらモブから拳が飛んできた。
私はその拳をつかみ、利き手が使えなくなったところで、顔面に蹴りを入れた




あなた「え、最近のモブってこんなんで気絶するの?ウケる」




モブ「ざけんな!今度は俺があいt((」




あなた「え、最後まで聞いた方が良かった?だったら簡潔にまとめとけよ」




ドラケン「おーおー荒れてんなぁ」




あなた「荒れてないけど?(圧)喧嘩ふっかけてきたのそっちだし、私悪くないし?」




ドラケン「そ〜かいそ〜かい」




あなた「🖕( ˆᴗˆ )🖕」




ドラケン「おいゴラァ。んて、そんなことはいいんだよ。お前、東京都立呪術高専って知ってんか?」 漢字間違ってたらごめん




あなた「え゙……………なんで?」




ドラケン「その反応だと知ってんな?
マイキーがそこの1年担当の五条?ってやつに絡まれたんだよ」




あなた「五条か……………」




まぁ、いいや、うん。ワタシゴジョウナンテシラナイ




----------------------------------------------------------------
これからじゃんじゃん設定追加していきやす




え?なんで呪術廻戦が出てきてるのか?だって?だってさ、誰もこの小説東京リベンジャーズだけとは言ってないじゃない?ね?




今日夜にもう1話出します!