無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

411
2021/08/01

第5話

4話
あなた「昨日ありすちゃんが変なこと言ってたけど大丈夫かな…」




まぁ、何とかなるよね!




ガラガラガラ←ドアの音




あなた「おはようございます」




モブ子「あ、ちょうど来たやん。ねぇねぇあなたさんってさ東卍入ってるってホント?」





は?なんでお前が知ってるん?え?誰がばらしたの?え?え?え?




あなた「東…卍?すみません。存じ上げません」




ありす「ふぇー?そんな嘘ついちゃうの???」




あ、ばらしたのあのブスか(失礼)




あなた「嘘も何も東卍とやらを知らないので入るも何も無いと思いますけど」




ありす「写真あるよ?」




マジ?嘘でしょ?ここでバレるは辛い




モブ男「え、写真あんの?見たい!」




モブ子「うちもー」




終わった。死んだ。学校生活オワタ




モブ子「……………」




モブ男「……………」




モブ子・モブ男「これ、本当にあなたさん?」





待って、?バレてない????よっしゃぁぁあああああああああぁぁぁラッキィぃぃぃいい





モブ子「いやいやいや絶対違うでしょ!こんなチャラ子(?)あなたさんなわけないじゃん」




チャラ子って………お前だけには言われたくなかった…




モブ男「この子…俺好き。しばかれたい」




は?きっしょ




ありす「待って!ほんとにこいつなのよ!信じろよ!」




あなた「あれ?いつもよりお口が悪くなってません?」




モブ子「え、、今までのって作ってたの?」




モブ男「俗に言う”ぶりっ子”ってやつだな」




ありす「え、いや、私ぶりっ子じゃないよ???♡」




なんか…ウケるwww←
え、助けた方がよき?いや、いっか




あなた「私、やることがあるので。それでは」




モブ子・モブ男「あのあなたさんが不良とか絶対有り得ない」




がっこうおーわりぃぃいいいいい





あなた(色々あったけど無事に学校終わってよかった!)




私はグッと体を伸ばし、カバンの中に教科書類をしまい始めた。




ありす「あなたさぁぁん。少しいいですかぁ〜?」




あなた「うっわぁぁああああ。行きたくねぇぇえええええ」




モブ子・モブ男「え?」




あなた「え?」




待って、?私今なんて言った?
絶対やらかしたよね。え?終わった感じ?




ありす「ふふっ自分からばらしてんじゃん」




モブ子「今、うわぁぁああああああああぁぁぁめんどくせぇぇぇぇぇぇぇえええって言ったのあなたさん?」




あなた「幻聴じゃありませんか?私では無いですよ。」




ブゥゥゥゥゥゥゥゥン
↑効果音下手すぎない?




終わった。死んだ。絶対マイキー達じゃん…やめてくれ誰だよ呼んだの!目の前のぶりっ子しかねぇじゃねぇかよ!ふっざけんな💢




マイキー「あなた(クソデカボイス)」




モブ男「あなたさん…………呼ばれてるよ」




あなた「(*^^*)幻聴です。病院をおすすめしますよ」




場地「あなた呼ばれてんぞ」




あなた「なんでお前は特攻服着てんだよ!!!!バレたじゃん!ねぇ!?バレたじゃん!!!!!」




千冬「場地さんが呼んでなくてもマイキーくんの声でみんな察すると思いますよ」




モブ子「え?…」




あなた「親行きじゃねぇかァァァァァァァァァァァ」




あ、私親いないんだった☆ミ
え?じゃあなんで私今まで隠してたの?(?)




あなた「……………もういいや。ばらそ( '-' )」




場地「お前開き直んの早くね?」




千冬「人間そんなもんっす」




あなた「優等生?そんなの知らねぇぇええええこれからは東卍に全てをかける」




場地「おぉ!面白くなんじゃねぇか!」




----------------------------------------------------------------
今回もよく分からないところで終わったね☆
この後とりあえず喧嘩をさせます。
原作ガン無視で行くので、よろしくお願いしますm(__)m
宣伝してくれたら嬉しいなぁ…………(小声)