無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

346
2021/08/05

第14話

10話
9話から3日後




五条「やっほー!」




あなた「……………………は?」




私は今学校にいます。
なんで学校にくそ五条がいるか?だって?
私が聞きたい




あなた「え?なんでお前がいるの?しかも目隠しつけてないじゃん。」




五条「だって変質者って思われたら嫌じゃん」




あなた「手遅れから安心しろ」




五条「ってことで、高専連れてくね♡」




あなた「私は術師に…呪術界に戻る気は無い。帰って」




五条「君に拒否権あると思ってんの?」




あなた「戻る戻らないは私が決めることです。」




五条「はぁ〜お兄ちゃんみたいに帰って来ればいいのにめんどくさいなぁ」




あなた「何を言われても戻る気はありません。はよ帰れ」




五条「しょうがない!なっなみぃーん♡」




あなた「は?」




七海「はぁ、こんなことで私を呼ばないでください。」




五条「こんなことって、君の妹でしょ?」




あなた「……」




七海「私は呪術界を1度でた。でも、戻りたいと思ったから、自分の意思で戻ってきたんですよ。だからあなたも、戻りたいと思ったら戻ってきなさい」




あなた「お兄ちゃん!」




五条「待って、僕連れてくる人間違えた?」




七海「用は終わりましたか?任務があるので帰りますよ」




五条「ばいばーい」




七海「あなたも帰るんですよ💢」




あなた「お兄ちゃん!ありがと!ニコ」




七海「………フッ久しぶりにあなたの笑顔を見ました。幸せになりなさい。大切な人は必ず守り抜きなさい」




あなた「…うん!ありがと。近いうち会いに行くね」




七海「五条さんに捕まらないように」




あなた「わかったよ!」




お兄ちゃんに引きずられて(くそ)五条は帰っていった。




ダッダッダッタ
※これは足音です。




マイキー「あなた!大丈夫か!」




ドラケン「五条って人来たって聞いたぞ!」




あなた「うん。あと、お兄ちゃんも」




マイキー「え!?あなたの兄貴来てたの!?」




あなた「うん!」




マイキー「会いたかったぁ!」




あなた「今度みんなで会いに行こうか。」




ドラケン「高専ってところ行くのか?」





あなた「うん」




ドラケン「………楽しみだわ」




あなた「楽しみだね」




----------------------------------------------------------------
次回の無双の女神はぁ〜?【総長、副総長、隊長、副隊長高専に行く!】です。

じゃんけんぽぉぉおおおおおおおおおおおおおおおんフフフフフフフフフフフフフフフ