無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

第3話らっだぁの調教
(ぺいんと)ん〜ここは・・・?っ!?なんで俺裸なの?意味わかんね〜
(らっだぁ)ぺんちゃんやっと起きた〜♡ずっとぺんちゃんが起きるまで待ってたんだから〜♡
(ぺいんと)らっだぁお前まさか・・・・・・俺をこんな状態にしたのはお前か?
(らっだぁ)ピンポーン大正解⭕
(ぺいんと)なんでそんなこと・・・・・・
(らっだぁ)だって俺ぺんちゃんの事好きなのにさ〜見向きもしてくれないしおまけにぺんちゃんは死神くんが好きだしだからこうしたってわけ♡
(ぺいんと)なんで俺が死神の事好きって知ってるんだよ
(らっだぁ)大好きな人のことはなんでも知っておきたいじゃん?だからぺんちゃんの住所も電話番号も全部全部調べたんだ〜♡
(ぺいんと)ヒッ(怖がってる)
(らっだぁ)な〜にぺんちゃん俺の事怖いの?♡
(ぺいんと)あ、当たり前だろ
(らっだぁ)ふ〜んそんな事言うぺんちゃんにはお仕置きが必要だね♡
そして何かを取り出すらっだぁ
そこから取り出したのはバイブだった。
(ぺいんと)は?らっだぁお前何それ
(らっだぁ)何って・・・・・・バイブだよ♡バ イ ブ♡
(ぺいんと)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(らっだぁ)これをぺんちゃんの中に入れてスイッチをONにしてから強にして気持ちよくしてあげるからね〜♡
(ぺいんと)は?意味が分かr
ズッ一気に奥に入れられた
ポチッスイッチを入れた
ピッピッピッ強にされる
(ぺいんと)っ/////いた、い/////
(らっだぁ)ぺんちゃんが俺だけのものになってくれるまでこうしてるからね♡
(ぺいんと)あっ/////やめ/////
(らっだぁ)あは♡ぺんちゃん可愛い〜♡
(ぺいんと)う、うるせぇ/////っ/////
(ぺいんと)(ヤバい/////嫌なのに/////嫌なのにイッちゃいそう/////)
いつの間にか俺はずっと喘いでいた
(ぺいんと)あっ/////イクイク/////
スイッチを弱にする
(ぺいんと)はぁはぁ/////なんで弱にしたの?/////
(らっだぁ)(かわよ♡)だってお仕置きなのに勝手にイカれたらお仕置きじゃなくなっちゃうじゃん
それは1週間続いただけど俺はめげなかった
らっだぁ視点   1週間続けたけどなんで堕ちないのかな〜って思った。ぺんちゃんは本気で死神くんの事の為だけに頑張って耐えてるんだ〜ウッザ〜何それムカつくあっそうだ!!いい事思い付いちゃった〜♡