プリ小説
一覧へ

第7話

칠.
-2日目-
나
あーまじ暇なんだけど。
나
スマホもまだ充電溜まってないし
나
なんなんもう
지 민
지 민
あなた……
나
ん、ん?
지 민
지 민
俺が話したいことあるんだけどさ。聞いたらもしかしたらあなた落ち込むかもしれない。聞く?
나
とりあえず聞く…
지 민
지 민
あなたの肺炎ね…治る確率が少ないタイプのものなんだって……
나
そ、そうなんだ…
지 민
지 민
これ、言うタイミングはジミン君が決めてくれってお医者さんがいってくれたから今言おうと思って…ごめん…
나
大丈夫…ありがとう…
ジミン先生…ちょっとこっち来て…
지 민
지 민
スラーッあなたの方へ
나
(´。•ω(•ω•。`)ぎゅー♡
지 민
지 민
ん、ん?/////
나
なんか不安だから…こうしていたいの…
あとすこしだけ…
지 민
지 민
わかった。大丈夫だよ/////
나
ジミン先生…なんか熱くなってきたけど大丈夫?
지 민
지 민
だ、大丈夫!気にしないで!/////
나
じゃ、じゃあ、ありがとう^^*
こんなわがまま聞いてくれて…
지 민
지 민
大丈夫だよ!
あなたside














確率少ないんだ…
















絶対治って欲しい……
















そうずっと思っていた……












今日までは……











✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄
삭샤
삭샤
あ、これありがとうございます!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

@__Agust D
@__Agust D
I'm Fine A.R.M.Y 物語書くの下手。 🔞🔞🔞限定で行こうかな。 それじゃなくても大丈夫。