第11話

10話 夢
※茉協ちゃんの位置が変わります。
私たちはお弁当を食べながら夢について話した。
花音
花音
茉協ちゃんは夢とかあるの?
茉協
茉協
はい!えと、メイドさんになるのが夢です!
視香
視香
なら、ちょうどいいんじゃない?
花音
花音
確かに!
茉協
茉協
??
花音
花音
茉協ちゃん、実はね〜
私はシェアハウスのことについて話した。
茉協
茉協
わ、私!それ、やりたいです!
視香
視香
決定だね!
花音
花音
良かった!ちょうどメイドさんやりたい子が居て!
茉協
茉協
はい!喜んでもらえて嬉しいです…!
視香
視香
じゃあ、お家は?
茉協
茉協
それが、学校に来る前、ちょうどいい空き家を見つけまして…
茉協
茉協
3人でもきつくないほど大きな家でした!
花音
花音
なら、そこでいいんじゃない?
視香
視香
んー、放課後その家に行ってみよう!
茉協
茉協
そうですね!家主さんが居てお話もできるかもです!
放課後、シェアハウスとなる家に行ってみることにしました