第7話

6話 部活
私たちは部活に入っている。
って言っても、「障害者用」の部活だけどね
なんの部活かと言うと、障害者用の「軽音部」だ。
視香
視香
…今日も2人きり
花音
花音
まぁ、しょうがないよ
でも、部員は私と視香ちゃんしか居ない。
それはそれでいい経験になるだろうと私は思ってる。
花音
花音
さ、今日もやりますか!
視香
視香
だね!
視香
視香
んー、でも、何歌おうかな…
花音
花音
そうだね…みんなから結構リクエストのあるものにしたら?
花音
花音
ほら、「シャルル」とか「命に嫌われている。」とかボカロが人気だよ!
視香
視香
ボカロね…
私たち軽音部は部員が少ないけど、周りからは結構人気があった。
じゃあ、なんで部員が少ないと思うよね?
それは、「歌を歌うのはちょっと恥ずかしい…」とか、「機械音痴だからな…」と言う理由。
花音
花音
みんなも入ればいいのに〜
視香
視香
みんな年頃だし、恥ずかしいのかな
花音
花音
そうなのかな?歌ったら結構楽しいのに…
花音
花音
ま、人それぞれだ!
視香
視香
無理に押し付ける必要はないね
花音
花音
あ、そだ。歌う曲は決まった?
視香
視香
うん!今日は「シャルル」を歌おうかな!
花音
花音
お!頑張れ!
歌うのは視香ちゃん担当でMIXは私。、
私は音が聞こえないので、リズムが分からないから、MIXを担当したんだ。
視香ちゃんはMIXは出来なくはないんだけど、画面が見えないから歌に回ることにしたんだ。
視香
視香
〜♪
そして、何より視香ちゃんは歌が上手い。耳がいいのを活かしている
視香
視香
歌い終わったよ〜
花音
花音
おけ!あとは任せて!
花音
花音
カチャカチャ…
花音
花音
あ、ここ静かな感じにしとく?
視香
視香
あ、よろしく!
こんな感じで今日も視香ちゃんと部活をしました