第2話

出会い

この話は相手sideからも読めるので
好きな風に読んでください!


似たような内容ですが、
あの時どう思っていたのかが
よく分かるようになっています













それでは本編です
































実香が帰ってきた時に水分があった方が
いいと思って買ってきたものの、、、、
あなた

どーしよ!?さっき座ってた場所どこだっけ?

あなた

と、とりあえず、ここにも椅子あるし
座って待っとこうかな

あなた

でも、握手会もう終わってる感じだよね、、、

???
はぁー、疲れた
あなた

(あの人めっちゃ疲れてる、、、)

あなた

(大丈夫かな?)

あなた

あのー、大丈夫ですか?

???
!!!
???
やべっ!
あなた

ちょ、ちょっと待って下さい!!

あなた

お疲れなんですから、少し休んだ方が!

???
え?
???
君、俺が誰か分からないの?
あなた

え?スタッフの方じゃ、、、?

???
まじ?笑笑
???
フフッ笑
あなた

え?何で笑うんですか!?

???
じゃあ、それでもういいよ笑
あなた

???

あなた

って!早くここ座って下さい!!

???
わわっ!そんな押さないで
あなた

すいません!
とりあえず座って貰ったほうがいいと思って、、

???
いいよ、全然
あなた

とりあえず、さっき買ったものを

???
?  これ何?
あなた

ビタミンがたっぷり入ってるジュースです

あなた

後これも

???
あなた

暖かいアイマスクです

あなた

今は使えませんが、
後で休まれる時に使って下さい

???
いいの?君が買ったものじゃ、、?
あなた

はい!大丈夫です!ぜひ使って下さい!

???
ありがとう、、、!
あなた

はい!お役に立てて良かったです(ニコッ)

???
、、///
あなた

大丈夫ですか!?顔が赤いですよ!?

あなた

もしかしたら熱が、、、!?

???
いや、!それは無いから
あなた

そう、ですか?ならいいんですけど、、、

???
なぁ、名前なんて言うの?
あなた

へ?あなたですけど、、、

???
あなたちゃんか、おっけー!覚えとくよ
あなた

え!いいですよ、そんな

あなた

私が勝手に声掛けて物を
無理やり渡しただけですから

???
そんな事言わないで?
オレの事思ってしてくれたんだろ?
あなた

分、かりました

あなた

えっと、、、

さとみ
あぁ、俺の名前はさとみ
あなた

さとみさん、ですね

さとみ
さとみくんとか、さとちゃんとかでいいよ
あなた

えぇ!?それはちょっと、、、

さとみ
なんでよ笑笑
あなた

失礼、じゃないですか?

さとみ
そんな事ないよ、
あなたちゃんが呼んでくれるんだったら
あなた

じゃあ、、さとみくんで、、、///

さとみ
、、、
あなた

や、やっぱり変ですよね?

さとみ
いやいや、全然変じゃないよ!
あなた

そう、ですか?なら良かったです(ニコッ)

さとみ
さとみ
あ、のさ
???
さとみくん!こんな所にいた!!
さとみ
(ビグッ)
???
何やってんの!!ファンの子でしょ?この子!
さとみ
いやいや違うよ!
???
こんな所に来てるんだから
それ以外無いでしょ!!
さとみ
それ俺も思ったんだけどさ、
あなた

あの、、さとみ、くん?
ファンってすとぷりのですか?

2人共
???
さとみくん!!!
さとみ
いや、違うんだって!
あなた

凄いですよね、すとぷりの皆さんって

???
え?
あなた

今日来る途中で友達に教えて貰ったんですけど

あなた

歌も歌って、動画も出して、生放送もして

あなた

本当に凄いなと思いました

???
(    ゜Д゜)、、、
あなた

なので、すとぷりの皆さんに会えたら
伝えといて貰えませんか!!

あなた

頑張ってくださいって!

???
この子、マジ?
さとみ
うん、知らないみたいだよ
あなた

やっぱりこんな事スタッフの方に言うの
ずるいですかね、、、

???
スタッフ!?笑笑
あなた

そちらの方はスタッフでは無いんですか??

さとみ
うん、スタッフだよ
さとみ
ころんって言うんだ
ころん
え!?さとみくん!?
あなた

そうなんですか!

あなた

はっ!ごめんなさい、ころんさん!

ころん
え?
あなた

長い間、さとみくんと喋ってたみたいだったので

あなた

お仕事に迷惑が、、、

ころん
いやいや!全然いいよ?
ころん
一応休憩中だったから
あなた

そうだったんですか!!それなら良かったー

あなた

っ!すいません!つい口が緩んで、、、

ころん
いや全然いいよ笑
さとみ
そうそう、
どっちかといったら全然タメ口で、、、
ころん
さとみくん?
あなた

いやいやそれは私が無理です!!

あなた

名前を呼ぶのも抵抗がありますから、、!

さとみ
そうだったな笑
さとみ
まぁ気が向いたら呼んで?
あなた

分かりました、、

ころん
って!もう13時じゃん!?
ころん
さとみくん!次、始まっちゃうから急いで!!
さとみ
えぇ!?もうかよー
あなた

すみません!引き止めてしまって

さとみ
いやいや、むしろ引き止めて
こんなにしてくれたんだから
さとみ
謝ることはないよ?
あなた

本当ですか?ありがとうございます!

ころん
さとみくん!!早く!
さとみ
ちょ、ころん!引っ張んなって!
あなた

あ、さとみさ、、、くん!

さとみ
どうした?
あなた

さっき何を良いかけてたんですか?

さとみ
、、、
あなた

さとみさ、、くん?

急にさとみさんの顔が暗くなった
さとみ
いや、そんな大した事
じゃないから大丈夫だよ!

でも、すぐに明るくなった
あなた

そうなんですか?

さとみ
うん!
あなた

分かりました!

あなた

お二人共、これからお仕事頑張ってくださいね!

ころん
ありがとう!あなたさん!
あなた

はい!

あなた

じゃあ、さようなら!!((ヾ(・д・。)フリフリ

さとみ
じゃあなー
ころん
さよならー!





別れた後
あなた

ふぅ

あなた

役に立てて良かった

実香
あなたー!!
あなた

あ!実香!

実香
どこ行ってたの!?随分探したんだよ!
あなた

ごめん、、実香に飲み物
買ってきたあげようと思って、、、

実香
ほんとにもう!!心配したよー!
あなた

ごめんね!

あれ?そういえばあの2人の名前、
すとぷりの2人と一緒だったな、、、




















こうして握手会は終わった
でもこの出会いが
私の人生を変えることになるなんて、、、、





































変な所があるかもしれませんが
気にせずに読み進めて頂けると嬉しいです!