第4話

さとみside 2
と思ったが、だんだん笑いが込み上げて来た
さとみ
まじ?笑笑
さとみ
フフッ笑
あなた

え?何で笑うんですか!?

それだけすとぷりのグッズ持ってるのに
俺のことしらないってなにwwww
さとみ
じゃあ、それでもういいよ笑笑
あなた

???


どういうことか分かってなさそうだけど
俺にとったら好都合だ


バレてないって事はなーくんに
怒られることもなさそうだしな!
(そんなことありません)


そうとなればここから早く立ち去っ
あなた

って!早くここ座って下さい!!

え!めっちゃグイグイ押すじゃん!
さとみ
わわっ!そんな押さないで
あなた

すいません!
とりあえず座って貰った方がいいと思って、、

さとみ
いいよ、全然
悪い子じゃなさそうだしね、一応
あなた

とりあえず、さっき買った物を

さとみ
? これ何?
栄養ドリンク??
あなた

ビタミンがたっぷり入ってるジュースです

そういえば
ビタミンって疲労に良いとか聞いた事あるな、、
あなた

後これも

さとみ
今度はなんだ?
あなた

暖かいアイマスクです

アイマスク!!
あなた

今は使えませんが、
後で休まれる時に使って下さい

何この子!?めっちゃ気が利くじゃん!?















あれ?これ確か買った物
っていってなかったっけ、、?


てことはこの子もそれを必要としてたって事?
さとみ
いいの?君が買ってきたものじゃ、、?
あなた

はい!大丈夫です!ぜひ使って下さい!

じゃあ、お言葉に甘えて、、、
さとみ
ありがとう、、、!
あなた

はい!お役に立てて良かったです(ニコッ)

え、何その可愛い笑顔
それは不意打ち過ぎだわ、、、
さとみ
、、///
あなた

大丈夫ですか!?顔が赤いですよ!?

あなた

もしかしたら熱が、、、!?

さとみ
いや、!それは無いから

危なっ!顔に出さない様にしないと
あなた

そう、ですか?なら、いいんですけど、、、

いい子なんだろうな、この子
















あいつと違って





さとみ
なぁ、名前なんて言うの?
名前を聞くぐらいならいいよな、、、
あなた

へ?あなたですけど、、、

さとみ
るいちゃんか、おっけー!覚えとくよ
あなた

え!いいですよ、そんな

あなた

私が勝手に声を掛けて物を
無理やり渡しただけですから

さとみ
そんな事言わないで?
俺の事思ってしてくれたんだろ?
あなた

分、かりました

ちょっと無理やりだったかな、、
あなた

えっと、、、

俺の名前、かな?
さとみ
あぁ、俺の名前はさとみ
あなた

さとみさん、ですね

さとみ
さとみくんとか、さとちゃんとかでいいよ
あなた

えぇ!?それはちょっと、、、

あなたちゃんには
気軽に呼んで欲しいんだけど、、、


さとみ
なんでよ笑笑
あなた

失礼、じゃないですか?

さとみ
そんな事ないよ
あなたちゃんが呼んでくれるんだったら
あなた

じゃあ、、さとみくんで、、、///

さとみ
、、、
また不意打ちにそんな顔する、、、
あなた

や、やっぱり変ですよね?

さとみ
いやいや、全然変じゃないよ!
あなた

そう、ですか?なら良かったです(ニコッ)

さとみ
さとみ
あ、のさ
ころん
さとみくん!こんな所にいた!!
さとみ
(ビグッ)
ころん
何やってんの!!ファンの子でしょ?この子!
さとみ
いやいや違うよ!
ころん
こんな所に来てるんだから
それ以外無いでしょ!!
さとみ
それ俺も思ったんだけどさ、
あなた

あの、、さとみ、くん?
ファンってすとぷりのですか?

2人共
ころん
さとみくん!!!
さとみ
いや、違うんだって!
あなた

凄いですよね、すとぷりの皆さんって

ころん
え?
あなた

今日来る途中で友達に教えて貰ったんですけど

あなた

歌も歌って、動画も出して、生放送もして

あなた

本当に凄いなと思いました

ころん
(    ゜Д゜)、、、
あなた

なので、すとぷりの皆さんに会えたら
伝えといて貰えませんか!!

あなた

頑張ってくださいって!

ころん
この子まじ?

ころんが驚くのも無理はない

皆俺らの事知ってるもんだと思うもんな

さとみ
うん、知らないみたいだよ
あなた

やっぱりこんな事スタッフの方に言うの
ずるいですかね、、、

ころん
スタッフ!?笑笑
あなた

そちらの方はスタッフでは無いんですか??


ここは嘘ついた方がいいよな、、
さとみ
うん、スタッフだよ
さとみ
ころんって言うんだ
ころん
え!?さとみくん!?
ごめんなー!ころん!
今回は許してくれ、、、
あなた

そうなんですか!

あなた

はっ!ごめんなさい、ころんさん!

ころん
え?
あなた

長い間、さとみくんと喋ってたみたいだったので

あなた

お仕事に迷惑が、、、

ころん
いやいや!全然いいよ?
ころん
一応休憩中だったから
あなた

そうだったんですか!!それなら良かったー

あなた

っ!すいません!つい口が緩んで、、、

ころん
いや全然いいよ笑笑
さとみ
そうそう、
どっちかといったらタメ口で、、、
ころん
さとみくん?
やべっ、この発言は怒られるかもしれない、、
あなた

いやいやそれは私が無理です!!

あなた

名前を呼ぶのも抵抗がありますから、、

さとみ
そうだったな笑
そういう所、律儀だったな笑
さとみ
まぁ気が向いたら呼んで?
あなた

分かりました、、

って、会う事もう無いかもだけど、、、




ころん
って!もう13時じゃん!?
ころん
さとみくん!次、始まっちゃうから急いで!!
さとみ
えぇ!?もうかよー
もう会うことも無いんだし、
もうちょいだけ!






と思ったが、それも願わず
あなた

すいません!引き止めてしまって

さとみ
いやいや、むしろ引き止めて
こんなにしてくれたんだから
さとみ
謝ることはないよ?
これだけしてくれたのに
俺の事まで気遣ってくれるんだな、、、
あなた

本当ですか?ありがとうございます!

ころん
さとみくん!!早く!
うわ!今日引っ張られるの2回目、、、
あなた

あ、さとみさ、、、くん!

何だ?
さとみ
どうした?
あなた

さっき何を良いかけてたんですか?

さとみ
、、、





連絡先、きこうかと思ったけど











結局は他の女と同じなんだから、聞いても、な、、

あなた

さとみさ、、、くん?

さとみ
いや、そんな大した事
じゃないから大丈夫だよ!
あなた

そうなんですか?



もう、同じ思いはしたくない




さとみ
うん!
あなた

分かりました!

あなた

お二人共、これからお仕事頑張ってくださいね!

ころん
ありがとう!あなたさん
あなた

はい!

あなた

じゃあ、さようなら!!((ヾ(・д・。)フリフリ

さとみ
じゃあなー
ころん
さよならー!



















その後
ななもり。
さ!と!み!くん!?
ななもり。
「リスナーさんがまだいる時は
控え室で待っておく」
ななもり。
って、決めてたよね!?
さとみ
すいません、、、、
ころん、、、チクったか、、、💢
ころん
な、なーくん!
ころん
でも、その子、
すとぷりの事しらなかったし、、、さ!
あれ?チクったのはころんじゃない?


すまんころん(思っていません)
莉犬
そういう問題じゃ無いでしょ!!
さとみ
お前か!莉犬!
ジェル
莉犬!じゃないよ、さとちゃん
るぅと
そうですよ!本当にバレてたら
ヤバかったんてすから!!
さとみ
( ´ . _ . ` )シュン
ころん
で、でも!聞いてよ!みんな!
ななもり。
何?ころちゃん?
莉犬
やけにかばうね、ころちゃん
ころん
その子、めっちゃくちゃ
可愛いかったんだって!
ジェル
そんな理由でまかり通ってたらあかんやろー
るぅと
可愛い子なら沢山いますし
ころん
いやいや!今まで見てきた中で
1番可愛いかったんだって!!
ころん
ねぇ?さとみくん
さとみ
確かにな
普通に可愛いかった
さとみ
でも、顔で選んでもな、
どうせ一緒なんだから、、、
さとみ以外
、、、
ななもり。
はい!2人共!その話はもう終わりね
2人共
はーい
ななもり。
今回は俺達の事、知らない人だったから
良かったけど
ななもり。
バレてたらまずいことになってたんだから、
反省はするように!ころちゃんもね!
ころん
え!僕も!?
莉犬
当たり前だろ笑笑
ジェル
もちろんさとみもやぞー
さとみ
はーい
るぅと
本当に反省してるんですかね、あの人





こんな事もあったが、何とか握手会は終わった

あなたちゃんと会う事はもう無いよなー





まぁ、その方が俺にとっては良いのか、、、、





























俺はまだこの後起こる事を知る由はなかった