プリ小説

第6話

四話。
こうして復習テストも終わり…
広瀬すず
広瀬すず
やっばーい!初めて補習逃れたよ?
え?私が!?すごいでしょ(ドヤ)
千葉雄大
千葉雄大
すごいすごい!すず頑張ったね
広瀬すず
広瀬すず
へっへへ!でしょでしょ
吉沢亮
吉沢亮
コイツ馬鹿だな…
広瀬すず
広瀬すず
うっさい!結果は良かったんだから!
それもこれも全てあなたちゃんの
お陰だよー!感謝だぁあ!!
いずも
いずも
私は教えただけだから
結局頑張ったのはすずでしょ?
広瀬すず
広瀬すず
ふぇえ…あなたちゃん好き♡
千葉雄大
千葉雄大
俺もいつもより結果よかったよ
あなたさん、亮、ありがとね!
吉沢亮
吉沢亮
ホントだよなぁ…
広瀬すず
広瀬すず
うわ!あなたちゃんと全然違う!
あ、ところであなたちゃんテスト結果どうだったの?
いずも
いずも
国語と英語は1位だったわ
ただ数学は2位だったの…
あなたでしょ絶対に
吉沢亮
吉沢亮
は?なんのことだよなぁ
ま、1位だったけど
いずも
いずも
やっぱり…次は負けないから
それに総合順位は1位なんだから
吉沢亮
吉沢亮
俺はお前みたいに本気でやってねぇから
いずも
いずも
なんだろう…なにか腹が立つのよ
吉沢亮
吉沢亮
うっせーよあなた
いずも
いずも
…!
初めて名前で呼ばれた…しかも急すぎ
広瀬すず
広瀬すず
そーか…
千葉雄大
千葉雄大
なるほどねぇ…
いずも
いずも
??
どしたの2人とも
広瀬すず
広瀬すず
んん!なんでもないよあなたちゃん!
千葉雄大
千葉雄大
ふふふ、楽しくなりそうだね
何が?楽しくなりそうなの?
もーよく分からない!








放課後
広瀬すず
広瀬すず
じゃあ私、雄大と用事あるから帰るね!
いずも
いずも
え?何があるの?
千葉雄大
千葉雄大
俺が、お姉ちゃんの誕プレ買わなきゃなんだ
それですずと一緒にね
広瀬すず
広瀬すず
うんうん!じゃああなたちゃんばいびー!
いずも
いずも
あ、うん
ばいばい
教室には私だけになった
最近急に、人と関わる事になった
今まで、友達とか捨ててきたから
慣れてないことに少し疲れた
いずも
いずも
少し寝よう…
目を閉じるとあっという間に眠りについた



















吉沢亮
吉沢亮
…い、おい
いずも
いずも
…んー
目を開けるとそこには肩を揺する吉沢くんがいた
吉沢亮
吉沢亮
もう最終下校時刻になるぞ
そろそろ起きろよ
いずも
いずも
吉沢くんかぁ…ふわぁあ眠い…
体を起こして伸びると大きなあくびが出た
吉沢亮
吉沢亮
さっきまで散々寝てたのに
まだ眠いのかよ…変なの
吉沢くんはクスクスと笑った
いずも
いずも
な、なによ別にいいじゃない
吉沢亮
吉沢亮
あなたってホントにおもしれぇ
いずも
いずも
!!
吉沢亮
吉沢亮
ん?顔赤いけどどーかしたの?
いずも
いずも
い、いや…あなたに名前で呼ばれるの
慣れてないから照れるというかなんというか…
吉沢亮
吉沢亮
あ、あぁ…
ってかさ、その“あなた”とか“吉沢くん”とかかたすぎ。やめろよな
いずも
いずも
じゃあなに…あ、よっしーとか
吉沢亮
吉沢亮
ちげーよ馬鹿
…亮でいいよ、亮で
いずも
いずも
へ?それは急すぎる
吉沢亮
吉沢亮
は?なんでだよ。すずのことは呼び捨てじゃねぇか
いずも
いずも
そうだけど…とにかくなんだかあなたははやい気がするの!
吉沢亮
吉沢亮
なんだそれ、そんなん差別じゃ…
いずも
いずも
りょ、りょーくんって呼ぶから
しばらく沈黙が続く
あれ?私なにか間違えた?
いずも
いずも
りょーくん…?
席に座る、私の前に立つりょーくんを、
見上げた。
吉沢亮
吉沢亮
…帰るぞ
そう言うと自分の席に置いてある鞄を
持ってそそくさと教室を出てしまった
いずも
いずも
なによ…なんの反応もなしで
なんでだか、少し胸がドキドキした

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

いずも
いずも
自由気ままに投稿! よろしくお願いします!