無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
958
2018/11/02

第25話

負けてられへん
??
あなた!
??
あなた!
松島〇〇
っあ!
花宮千鶴
何さっきからボーッとしてんの
松島〇〇
ゴメンゴメン
花宮千鶴
さっきから何回も呼んだよ!
松島〇〇
てか、今何時間目?
花宮千鶴
もう最後の授業終わるよ
松島〇〇
うっそ!
花宮千鶴
「うっそ!」じゃないでしょ……
松島〇〇
あぁ~…
花宮千鶴
どうしたの?ため息なんて
松島〇〇
ちょっと色々とありまして…
花宮千鶴
笑笑 あなたは大変だね
松島〇〇
あ、今私の苦しんでる状況少し面白がってるでしょ
花宮千鶴
いやー、別に…
松島〇〇
小悪魔か!!
花宮千鶴
そんなことないもん…じゃあ先帰るね、執事が待ってるし
松島〇〇
うん、バイバイ
花宮千鶴
また明日ね
はぁー、行っちゃった
今から何しよっかな…
てか、雄登は?
私の執事はどこ行ったもんだか…
平野紫耀
平野紫耀
あなた~
来たな……天然ボーイ
松島〇〇
うん?どした
平野紫耀
平野紫耀
今日は那須来れないから俺の車で送るんだって
松島〇〇
え!何で来れないの?
平野紫耀
平野紫耀
なんか、聡くんと話すみたいだよ
松島〇〇
そっか…
平野紫耀
平野紫耀
ほら、行くよ
松島〇〇
うん、準備するから待ってて
平野紫耀
平野紫耀
おっけー
今日、帰っても誰もいないのかな?
雄登はお兄ちゃんと何話してるんだろ……
松島〇〇
あ!早くしょうの所行かなきゃ
てか、廉…  お兄ちゃんが居ないなら今何してんだろ…
松島〇〇
まぁ、いっか
平野紫耀
平野紫耀
何がまぁ、いいの?
松島〇〇
うわっ
平野紫耀
平野紫耀
大丈夫?
松島〇〇
急に話しかけてこないでよー
平野紫耀
平野紫耀
だって…遅いから(・ε・` )
そんな、可愛い顔しても!!
子犬か!!   ほっぺ膨らまして…
松島〇〇
ゴメンゴメン
平野紫耀
平野紫耀
ホントもう!
松島〇〇
ゴメンってば
平野紫耀
平野紫耀
じゃあなんか罰として俺にお礼して
松島〇〇
お礼?
平野紫耀
平野紫耀
うん、今度の日曜デートしよ
松島〇〇
え!で、で、デート!?
平野紫耀
平野紫耀
混乱しすぎ 笑笑
松島〇〇
だって…そんなことしたことないし
平野紫耀
平野紫耀
したことないの?
松島〇〇
うん…
平野紫耀
平野紫耀
じゃあ、日曜俺がデートについて教えてあげる
松島〇〇
え?
平野紫耀
平野紫耀
したことないんでしょ…デート
松島〇〇
うん、じゃあ…教わります
平野紫耀
平野紫耀
よし、じゃあ帰ろー
なんか……無理矢理感ハンパなくね
まぁ、楽しそうだからいいんだけどさ





《車の中で》
さっきから…シーンってしすぎ
松島〇〇
ね、ねえ
平野紫耀
平野紫耀
うん?
松島〇〇
何か話さない?
平野紫耀
平野紫耀
何で?
松島〇〇
さっきからシーンってしてるから
平野紫耀
平野紫耀
じゃあ何について話す?
松島〇〇
うーん、いざとなるとな…
平野紫耀
平野紫耀
じゃあどんな食べ物が好き?
松島〇〇
私は…甘いものかな?
平野紫耀
平野紫耀
甘いもの?
松島〇〇
うん、私甘党なの!!
パフェとか、パンケーキとか、クレープとか
平野紫耀
平野紫耀
そんなんだ
松島〇〇
でも、お菓子も好きだよ!!一番好きなのは…グミかな…?
平野紫耀
平野紫耀
そっかー、俺はね…
松島〇〇
何々?
平野紫耀
平野紫耀
お肉と……
松島〇〇
濡れおかき!?
平野紫耀
平野紫耀
うん、そう
平野紫耀
平野紫耀
何でしってんの?
松島〇〇
だって幼なじみでしょ!!
平野紫耀
平野紫耀
そっか
何いってんのコイツ!
松島〇〇
ホント…どんだけ天然なの
平野紫耀
平野紫耀
エヘヘ(ノ´∀`*)
松島〇〇
エヘヘ(ノ´∀`*) じゃ無いでしょ!!
平野紫耀
平野紫耀
怒らないでよ~!!
松島〇〇
もう!
平野紫耀
平野紫耀
ほら、もう着いたよ
松島〇〇
もう着いたの?
平野紫耀
平野紫耀
うん
松島〇〇
じゃあまたね
平野紫耀
平野紫耀
また明日バイバイ!
平野紫耀
平野紫耀
あ、あなた
松島〇〇
何?
平野紫耀
平野紫耀
ギュッ…あなたを抱きしめる
松島〇〇
え…しょう!?
平野紫耀
平野紫耀
あったかい
松島〇〇
ちょっ!
平野紫耀
平野紫耀
いいじゃん…昔はいっつもしてたでしょ
松島〇〇
昔でしょ
平野紫耀
平野紫耀
今も!!
松島〇〇
今はない、
平野紫耀
平野紫耀
ひどい…
松島〇〇
しょうってあったかいね
平野紫耀
平野紫耀
でしょ
松島〇〇
笑笑 
松島〇〇
てかさ、もう離してくれない?
平野紫耀
平野紫耀
うん、バイバイ
松島〇〇
また明日ね
はぁー、何か今日色々と有りすぎて疲れた…
いきなり抱きしめてくるし…
しょう…どうしたんだろ?
松島〇〇
早くかーえろ




ガチャドアを開ける
松島〇〇
え!
永瀬廉
永瀬廉
あなた?
松島〇〇
何で廉がいんの?
永瀬廉
永瀬廉
いや、だって聡くんおらんし
松島〇〇
だから、私の所に来たの?
永瀬廉
永瀬廉
そうやけど、何か悪い?
松島〇〇
わざわざ来なくても…
永瀬廉
永瀬廉
てかさ、何でしょうと抱きしめあってたん?
松島〇〇
いや…それは…
永瀬廉
永瀬廉
何で抱きしめあっててん
松島〇〇
いや、それはしょうがいきなり抱きしめてくるから!!
永瀬廉
永瀬廉
じゃあ何で抱きしめ返してたん?
な、何でこんなに聞いてくんの?
てか、距離近くない?
松島〇〇
それは、暖かいから
永瀬廉
永瀬廉
そんなん言い訳になるとでも?
松島〇〇
いや…てか廉には関係無いでしょ
永瀬廉
永瀬廉
あるわ!
松島〇〇
何でよ、別に関係ないよ
永瀬廉
永瀬廉
はぁ、もうこの鈍感野郎!!
松島〇〇
いや、別に鈍感じゃないし
永瀬廉
永瀬廉
どこがやねん鈍感やんけ
松島〇〇
はぁ!何でそんなこt……
私が何かを言おうとした瞬間…
何か柔らかいものが口に当たった



え……………っこれって…
キ、キスされてる!?