無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,446
2018/08/01

第9話

ヤキモチ?
《廉side》
はぁ、朝はヤバかった。俺ヤキモチ妬いてんのか?
また学校が始まったわ、いつも朝うるさいねんな。
何がって?
女子)キャー廉様ー
これ…ほんま俺結構女苦手やねんけど
永瀬廉
永瀬廉
ニコッ)おはようございます。皆さん
女子)キャー
俺はいつっも笑顔を振り撒いてるだって人気下がったら俺の位下がるやん!?
松島〇〇
あ~朝からうるさい。
永瀬廉
永瀬廉
まぁまぁ我慢してください。
松島〇〇
これ全部廉でしょ!!
永瀬廉
永瀬廉
ちょっとは嫉妬せいやっ (ボソッ
松島〇〇
うん?どうしたの
永瀬廉
永瀬廉
なんもないけど…
松島〇〇
そっかならいいや。
松島聡
松島聡
あなた~!!
松島〇〇
お兄ちゃん!!
松島聡
松島聡
ギュッ)
松島〇〇
お、お兄ちゃん!!皆の前なんだけど…
松島聡
松島聡
だってぇー、あなたが好きなんだもんっ(# ̄З ̄)
松島〇〇
私もお兄ちゃん大好きだよ♪
松島聡
松島聡
うわぁー♪嬉ぃ~
松島〇〇
笑笑
はぁ、なんやこの兄妹愛は…
松島聡
松島聡
じゃあね、またあとで!
松島〇〇
うん。バイバイ
女子)キャー聡様今日も可愛い!!でも、カッコいい!!
永瀬廉
永瀬廉
へぇー、お前の兄貴も人気やな
松島〇〇
そうかな?
永瀬廉
永瀬廉
めっちゃキャーって言われてるやん、
松島〇〇
お兄ちゃんは、優しいからね。
平野紫耀
平野紫耀
あなた~!!おはよう(ギュッ
来やがった…俺のライバル的存在
松島〇〇
おはよう///
平野紫耀
平野紫耀
どうしたの、顔赤いよ!!
おでこにてを当てる
松島〇〇
しょうのせいでしょ///
平野紫耀
平野紫耀
俺のせい?
何でいちいち抱きつくねん!?
そしてあなたもその反応なんやねん調子狂うわ!!
この天然生物たちが!!
永瀬廉
永瀬廉
しょう、離れろよ。
平野紫耀
平野紫耀
おやおやっ、またしてもヤキモチ!?
永瀬廉
永瀬廉
だから、ちゃうって!!
松島〇〇
なんか、今日の廉ヤキモチ妬いてばっかりだね。
永瀬廉
永瀬廉
うるさい。
平野紫耀
平野紫耀
あなたちゃん一緒に行こっ
松島〇〇
うん♪
松島〇〇
ねぇ、思ったんだけど廉って同じクラスなの?
永瀬廉
永瀬廉
違うけど、前は新学期やったから、
松島〇〇
そうなんだ。
永瀬廉
永瀬廉
学校の塔が違うしな、
松島〇〇
そうなの!!
平野紫耀
平野紫耀
俺らとかお嬢様、執事とかメイドは塔が違うんだ。
松島〇〇
そっか…
永瀬廉
永瀬廉
何?離れたくないん?
松島〇〇
ば、バカそんなんじゃない。
永瀬廉
永瀬廉
大丈夫あとからずっと一緒におるんねんから♪
松島〇〇
なんか、その言い方やだ…
永瀬廉
永瀬廉
じゃあな
平野紫耀
平野紫耀
おぅ、バイバイ
松島〇〇
バイバイ
正直言ってしょうにあなたしょうにまかせんのは、嫌やけどしょうがないな。
俺は、一つあなたに隠してることがある。
でも、それは俺のなかでしまってる。いつか、言うときが来るかもしれへんでもそれまでは、隠しとおしたい。
俺の目に写るあなたとしょうの後ろ姿、
永瀬廉
永瀬廉
好きやであなた(ボソッ
《あなたside》
なんか、今日の廉変だったどうしたんだろ…
クラスに入るとあの可愛い子がやって来た
花宮千鶴
あなた!おっはよ。
松島〇〇
千鶴おはよう!!
平野紫耀
平野紫耀
あ、おはよう
花宮千鶴
しょうくんおはよう!!
山田雅
山田も!!
松島〇〇
あ、雅ちゃん同じクラスだったの?
山田雅
違う
松島〇〇
じゃあ何で?
山田雅
あなたに会いに来た。なんか、じんに怒られて疲れたから。
松島〇〇
また怒られたの?
花宮千鶴
あの~
平野紫耀
平野紫耀
そちらは?
松島〇〇
あ、山田雅ちゃん同じボンクラ寮なんだ♪
山田雅
山田雅だよ。よろしくね♪
花宮千鶴
私は花宮ti
山田雅
知ってる!!花宮千鶴ちゃんでしょ、お前は、平野紫耀だろっ♪
花宮千鶴
そう!
平野紫耀
平野紫耀
正解♪
松島〇〇
何で知ってるの
山田雅
全員の名前覚えてる、一度見たら覚えちゃうんだ、
松島〇〇
スゴい!!
山田雅
それほどでもないけどなっ(///∇///)
花宮千鶴
あー!もう授業始まるよ。
山田雅
やべっ、じゃあなあなたとお主ら
松島〇〇
バイバイ
それから授業が続いて昼休み。
花宮千鶴
あなた一緒にご飯食べよ。
平野紫耀
平野紫耀
俺も俺も
松島〇〇
うん。いいよ
私たちは、中庭に出た。
松島〇〇
あ、忘れ物した。
松島〇〇
ちょっと取りに行って来るね。
花宮千鶴
行ってらー
ヤバイ、薬忘れた!!でも、今日って持ってきたっけ?
??
ねぇねぇそこの可愛い子♪
??
一緒に遊ばない?
誰かナンパされてる
松島〇〇
って私!?
??
そうそう。ねぇ、今から俺達と遊ぼうよ!!
松島〇〇
ご、ゴメンなさい。無理です
??
なんだよ。良いじゃん♪お金ならたくさんありまするよ♪
男は私の手をつかんできた。
松島〇〇
やめてっ
体が震えてくる。誰か助けて…
??
ほら行くよっ
松島〇〇
やっ廉!!
私がそう呼んだ瞬間
永瀬廉
永瀬廉
俺のお嬢様になにしてんの?
お前殺されたいん?
??
お、お前は永瀬廉!!クソッ
??
もういいよ。こんな女
男はそこから立ち去った。
永瀬廉
永瀬廉
あなた大丈夫か!?
松島〇〇
れ、廉…怖かった。
永瀬廉
永瀬廉
ゴメンな、すぐ助けられへんくて。
松島〇〇
いいよ。
永瀬廉
永瀬廉
嫌な思いしたな…
松島〇〇
何で泣ッ こういうときだけ優しいの?
永瀬廉
永瀬廉
お前のことが大切やから。いつもは、照れ臭くて言われへんけど…
松島〇〇
廉…
永瀬廉
永瀬廉
ギュッ)泣くなや、不安になるやろ。お前が泣いてたら俺ほんまに動揺しちゃうから!!
松島〇〇
ありがとう。
永瀬廉
永瀬廉
これっ、持ってきてんけど…これさ薬?
松島〇〇
う、うん。
永瀬廉
永瀬廉
何で?
松島〇〇
いや、ちょっと昔事故に合ってそっから体が少しへんでね、だから飲んでるの。
永瀬廉
永瀬廉
なんかあったら言うんやで。俺、お前のことが好きやねんから。
松島〇〇
え!
永瀬廉
永瀬廉
あ!やバッ
松島〇〇
え、今なんて?
永瀬廉
永瀬廉
別になんもないって忘れろ。
松島〇〇
分かったよぉー
永瀬廉
永瀬廉
(やっばつい言ってしまった。)
カシャカシャ
??
これは、報告だ!!
この後何かが起こる!!
そしてあなたの恋の行方は?