無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

844
2018/10/22

第22話

素直になれよ…
《あなたside》
さっきは派手にやっちまった~、大悟くんもちょっと引いてたし…
さすがに雄登には、見られてないよね…
那須雄登
那須雄登
あのさ、
松島〇〇
うん?どうした
那須雄登
那須雄登
まだ廉と仲直り出来てないの?
松島〇〇
うっ…
那須雄登
那須雄登
図星か
松島〇〇
そういう雄登は、どうなの
那須雄登
那須雄登
俺は…まぁ、ちょっとづつだけど会ったら話すよ
松島〇〇
そっかぁー
那須雄登
那須雄登
どうすんだよ…入れ換え期間もう少しで終わるぞ…
松島〇〇
そうなんだよねぇー、
那須雄登
那須雄登
俺はずっとあなたの執事でいいけど…
松島〇〇
え、
那須雄登
那須雄登
あぁー、でもやっぱり嫌かな…
松島〇〇
何でよ!
那須雄登
那須雄登
だって……俺
松島〇〇
何?
那須雄登
那須雄登
俺は……お前の事…s
永瀬廉
永瀬廉
おぉー、那須やんけ
《廉side》
あっぶねぇわ。あとちょっとで告白させるところだった…
那須雄登
那須雄登
おう、廉どうしたの?
(邪魔したな~)
永瀬廉
永瀬廉
いや、別に…那須がおったから声でもかけよっかなぁーって
那須雄登
那須雄登
なんだよそれ…俺の事好きなの?
永瀬廉
永瀬廉
そんなわけあるかっ!
永瀬廉
永瀬廉
バカかお前は!?
那須雄登
那須雄登
そんなに本気にしなくてもぉ~
永瀬廉
永瀬廉
うっせ
松島〇〇
雄登……
永瀬廉
永瀬廉
うわっ、小さくて見えへんかったわ…
松島〇〇
な、何よそれ!!
違うんや…俺はこう言うこと言いたい訳じゃないんや…
永瀬廉
永瀬廉
何がやねん…事実いったまでやろ
松島〇〇
最低……
うわっ、ヤバイあなたの事傷つけてしまった…
永瀬廉
永瀬廉
ふんっ何が最低やねん…し、しょうの後は那須か! 都合がいいな
松島〇〇
だから、そんなんじゃ無いって言ってるでしょ
あぁー、もう口が止まれへん…
全然こんなこと言いたい訳じゃないのに
松島〇〇
何よ!!嫌いなら嫌いって言えばいいでしょ!!
永瀬廉
永瀬廉
いや、それは
松島〇〇
もう話しかけて来ないで…
永瀬廉
永瀬廉
それはイヤやな
松島〇〇
はぁ!何で
永瀬廉
永瀬廉
だって俺はお前の執事やからな
松島〇〇
今は雄登が執事だもん
永瀬廉
永瀬廉
今だけやろ、別に本来執事は俺やねんから…
松島〇〇
そんなの知らないよ
那須雄登
那須雄登
俺が、あなたの正式な執事になればいいの?
永瀬廉
永瀬廉
はぁ!お前何言ってんねん、
那須雄登
那須雄登
別に俺はいいよ、正式にあなたの執事になったって…廉よりあなたの事を分かってあげる自信もあるし
何言ってんねん、こいつ…
永瀬廉
永瀬廉
それは、無理やな…あなたは、俺のもんやから
松島〇〇
いや、誰がいつそんなこと言ったの…
永瀬廉
永瀬廉
俺が今決めたの
松島〇〇
何かってに…
永瀬廉
永瀬廉
言うことは言ったからな…
永瀬廉
永瀬廉
那須…お前、自分が特別とか思うなよ
那須雄登
那須雄登
思ってねぇーよ
永瀬廉
永瀬廉
俺、本気だすからな
那須雄登
那須雄登
やっとだよ…俺も負けない
永瀬廉
永瀬廉
じゃあお二人さんほなまたっ
《あなたside》
何……これ
全然話の意味がわかんない…
てか、廉…なんなのあの男は!?
いきなり悪口言ったり俺の物宣言したりしてホント意味分かんない
那須雄登
那須雄登
あなた……何かごめんね
松島〇〇
何で雄登が謝るの、
那須雄登
那須雄登
いや、別に…
松島〇〇
ほら、帰ろ
松島〇〇
てか、さっきなんて言おうとしてたの?
那須雄登
那須雄登
あー、あれは…また今度言う事にする
松島〇〇
そっか…
松島聡
松島聡
あなたー!
松島〇〇
あ、お兄ちゃん!!
松島聡
松島聡
あ、那須…久しぶり
那須雄登
那須雄登
おう、久しぶり
松島聡
松島聡
妹の事泣かしてないだろうねー
那須雄登
那須雄登
泣かしてないよ
松島聡
松島聡
そう、ならいいけど
松島聡
松島聡
那須…またさ、あの…
那須雄登
那須雄登
何?もしかしてあの有名な映画見に行きたくなっちゃったの?
松島聡
松島聡
え、いやー
那須雄登
那須雄登
一人で行けないからついてきて欲しいと?
松島聡
松島聡
それはー
那須雄登
那須雄登
俺の事好きなの?
松島聡
松島聡
うん、好きだけど…
那須雄登
那須雄登
松島〇〇
松島〇〇
二人ってそういう関係?
那須雄登
那須雄登
ちげーよ
松島聡
松島聡
ちがうよ
松島〇〇
だよね…
那須雄登
那須雄登
じゃあもう行かないとだから…
あなたまたあとでな!!
松島〇〇
うん、バイバイ))
雄登 行っちゃった…
私も早く教室に戻らないと…!!
松島聡
松島聡
あなた!
松島〇〇
お兄ちゃんどうしたの?
松島聡
松島聡
廉の事嫌いにならないでね
松島〇〇
え?何でお兄ちゃんがそんなこと言うの、
松島聡
松島聡
廉はさ、人に気持ちを伝えるのが苦手なんだよね…ほら、昔の俺と同じで
松島聡
松島聡
だからさ、廉が強く当たってるのはけしてあなたの事嫌いだからじゃないからね…
松島〇〇
そんなこと言われても…
松島聡
松島聡
廉、いつもあなたの事笑顔で話すんだよ♪
松島〇〇
え…
松島聡
松島聡
今日あなたが授業でちゃんと答えれててん とか
松島聡
松島聡
今日あなたに、強く当たっちゃった…どうしたらエエんかな… とか
松島聡
松島聡
いっつも、あなたあなたって
松島聡
松島聡
あなたの事だけ考えてるんだよ…廉は
松島〇〇
そうだったんだ……
松島聡
松島聡
だからね…あなたにきついこと言われたりしたらかなり傷ついてるんだよね…
松島〇〇
私だって、廉にあんな言い方されて傷ついてるし…
松島聡
松島聡
あなたも!?
松島〇〇
そうだよ!
松島聡
松島聡
じゃあまた、素直に廉と話してみたら?
松島〇〇
うん……そうする。
松島聡
松島聡
あとちょっとで期間修了だし…仲直りしなよ
松島〇〇
お兄ちゃんたちもでしょ
松島聡
松島聡
僕らはしたよ……
ちゃんと仲直り
松島〇〇
え、……でも雄登が
松島聡
松島聡
うん?
アイツめー嘘つきやがったな…
でも、私に合わせてくれたのかな
松島聡
松島聡
ほら、廉のとこ行っといで、あとちょっとで午後の授業はじまるよ
松島〇〇
分かったよ
松島聡
松島聡
バイバイ))
松島〇〇
うん、またあとでね













廉…何処に居るのかな…
松島〇〇
あ、……
昼寝してる…

てか、執事がベンチで昼寝するもんかね
松島〇〇
綺麗な寝顔…
いつも意地悪な顔してるくせに…何でこんなに可愛い顔するんだろ
松島〇〇
あ、!
松島〇〇
授業始まる!!
松島〇〇
廉!…廉!
永瀬廉
永瀬廉
う~ん…
松島〇〇
ほら早く起きt……
松島〇〇
キャッ
え~ーー、ちょっと待って…


今、抱き締められてる体勢になってるんだけど…
ヤバイ…心臓がドクドクする…
永瀬廉
永瀬廉
う~ん…あなた…約束やで…
松島〇〇
ん?寝言?
永瀬廉
永瀬廉
あなた……ゴメンな…
松島〇〇
え!
私は驚いた…廉の目から涙が出ていた…
嫌な夢見たのかな?
永瀬廉
永瀬廉
あなた……ほんまにゴメンな
廉、どうしたの?   

ねぇ、何があったの?