無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10.
169
2022/04/23 02:18
與那城side




はぁ疲れた。
あと寝るだけだしあなたちゃんに連絡してみようかな。





與那城📱)あなたちゃんこんばんは。いきなり連絡してごめんね。今日は大丈夫でしたか??




まぁ最初はこれくらいにしとこう。
いっぱい送って変な人だと思われたら嫌だし笑笑

そんな事考えているとすぐに返事がきた。




you📱)與那城さんこんばんは。お気遣いありがとうございます。私は大丈夫です。ご心配をお掛けして申し訳ありません。


與那城さん…か、笑
電車の中では奨くんって呼んでくれてたのに、笑笑

やっぱりアイドルとしてしか見られてないかぁ笑

俺の恋早速終わりか??笑笑





えっと、なんて返信しよう。できるだけ嫌われないように、ね?笑笑




與那城📱)全然そんなかしこまらなくていいよ笑
何かあった時すぐ連絡してくれたら嬉しいな。




you📱)でも、與那城さんはアイドルだし…




與那城📱)ねぇあなたちゃん。なんで奨くんって呼んでくれないの?




いやまて、さすがに行き過ぎたかこれ、




you📱)迷惑かけちゃってたので… じゃあ奨くんほんとにありがとうございます。!




與那城📱)うん!なにかあったら絶対連絡するんだよ!!行ける時は走って行くからね!笑




you📱)分かりました笑 でも走っちゃダメです笑
怪我しちゃったら私責任とらなきゃだから笑笑




與那城📱)自己責任で走ります笑 じゃあもう遅いから寝よっか。話し相手になってくれてありがとうね。おやすみ。




you📱)こちらこそありがとうございます!おやすみなさい。




そう言って会話は終わった。
あなたちゃんほんとに大丈夫かな、無理してないかな。
頭の中はあなたちゃんでいっぱいだった。




早く会いたいな。

そう思いながら眠りについた。









NEXT youside
↓↓↓
☆30 ♡50