無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

6.
216
2022/04/02 07:25
you)あぁ!! 集中できない!!!




美月)うわっ!びっくりした。笑 そりゃよなぴの事が忘れられないからでしょ〜??笑
今日帰る電車でまた会えるんじゃない?




you)美月?奨くんをなんだと思ってるの??JO1だよ?アイドルだよ?アイドルが私ごときを相手するわけがない…。




美月)ねぇそれ私も傷つくからやめて?笑 そんなのわかんないよ?あんた自分がどれだけ可愛いか知ってる?毎日告白されてるでしょ?




you)うん。知ってる。……なんて言うと思う!?
奨くんには相手にされないって、、。




私は奨くんより年下だし、奨くんは大人っぽい人が好きなのに私なんか…。

毎日私は奨くんの事で頭がいっぱいだった。








美月)あ、てか知ってる?日プ2あるらしいよ?




you)え?もう?はやくね? 男?女?




美月)男だよ。




you)よかったあ。女だったら耐えられないわ。




美月)いやそれな?無理無理笑




??)なに話してんの〜??




you)おぉ威尊じゃん!なんか日プ2やるらしくてさ、威尊応募してみれば??




後藤)え、おれ?笑 俺受かると思う?笑




you)え、当たり前じゃん?威尊だよ?私たちが布教しまくるもん笑




美月)あんたが受かったら私たちJO1に会えるかm((




you)余計なこと言わないの笑 でも威尊歌もダンスも上手いじゃん?アイドルなりたいんでしょ??
挑戦してみなよ!




後藤)じゃあとりあえず応募だけしてみるわ!
受かったらちゃんと応援してやぁ!?




you)当たり前じゃん!笑





後藤)そりゃ頼もしいわ!笑 じゃあまた明日!!




you)うん!じゃあね!!




あれ、?なんか見られてる感じする。




you)ん?なんだろ?




美月)ん?どうした??




you)あ、なんでもないよ!帰ろっか!