無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第13話

13.
136
2022/05/28 05:29
與那城side




今日は久しぶりのオフ。

みんなそれぞれどこかに遊びに行くみたい笑

俺は、景瑚に買い物行こうって言われて今ショッピングモールにいます笑




佐藤)奨くん!!はやくいきましょ!!俺服買う!




與那城)はいはい笑 子どもじゃないんだから走らないよ!笑




ほんと朝から元気だな景瑚は笑

そんなこと思いながら歩いてると見た事ある後ろ姿があった。

もしかして…




與那城)あれ、あなたちゃん!と、お友達?




you)え、!奨くん!!何してるんですか!




やっぱりあなたちゃんだ。オフの日まで会えるなんて俺幸せすぎじゃん。笑




美月)やっべぇ…本物だ。け、けいごだぁ泣




あなたちゃんのお友達は景瑚推しみたい笑

景瑚がすごい喜んでる笑

今日はなんか違う。いつものあなたちゃんと雰囲気が。




與那城)なんか…いつもとちょっと違う。




you)え、やっぱり変ですよね…。




あ、俺は可愛いって言いたいだけなのに。言い方考えればよかった。



與那城)違うよ。あなたちゃんすっごい可愛い。




言っちゃった。やばい、すげぇ恥ずかしい、




佐藤)なにイチャついてんだよぉ!




佐藤)それって運命だったりして~!ふぅふぅ!⤴



與那城)こら!景瑚!困らせないの!!



景瑚が言ってた運命なんてほんとにあるのだろうか。

あなたちゃんが俺の運命の人だったらいいのにな。なんてね笑




佐藤)2人ともさ、この後暇?




you)え?美月と買い物しますけど、?



佐藤)え、俺はもするから一緒回ろうよ!
もちろん奨くんの奢り!!




與那城)こら!笑 また余計なこと言って!




you)いやいやいや、2人とも芸能人だし、女の私たちといるのファンの方に見つかったら…




美月)そ、そうですよ!!




佐藤)それが、ここのショッピングモールはJAMが居ないんだよ。




はぁ、また景瑚変なこと言ってる笑




you)え?そんなわけないじゃないですか笑




美月)ほら、私たちだってJAMだし、笑




佐藤)あれ、確かに笑 でもここでJAMに会ったの今日が初めて!




美月)え!なんか初めてって言われたら嬉しいね笑




佐藤)って事で変装もしてるし一緒回ろ!
はい決定!




與那城)ほんとごめんね、2人とも笑
大丈夫かな、?




you)私たちは全然!




佐藤)やったねじゃあ行こ!!




え、一緒に過ごせるとか幸せすぎる。
俺めちゃくちゃ好きじゃん。










お久しぶりです!更新が遅くなってしまいすみません💦

JO1、アリーナツアー決まりましたね😭😭
やっと会えるチャンスですね、
この物語を読んでくださっているJAMの皆さんが当選しますように!!




それではまた!!









NEXT youside
↓↓↓
☆55 ♡100