第6話

シャロナナ様リクエスト/knsypΩ🔞
1,004
2022/03/04 13:44
主
2つもリクエストありがとうございます!
主
おかげでネタに困りません(
主
nmmn、オメガバースを含むknsyp(kn→α、syp→Ω)となっております
地雷のある方は充分にご注意ください…!
ーーーーーーーーーー
side syp
今日は同棲中のコネシマさんとデート…じゃなくてスーパーへ買い出しに行く予定!
syp
……(ヒートにさえならなければ…!!)
もー!なんでなん!?今日はせっかく2人で買い物に行く予定やったんに…!!
syp
…「ヒートじゃ外出できひんなぁ…。ごめんやけどショッピ君お留守番しててくれんか…?」
syp
「抑制剤飲んで安静にしてろな?なるべく早く帰ってくるから…」
syp
………もーー!!!
syp
優しすぎひんかほんま!!
syp
…もー……すきー……///
…あー、やばい。薬効き目薄れてきた…てかコネシマさんのこと思い出したら勝手に…
syp
……なんや、お前ちょうどええとこに…
ベッドの上にコネシマさんが置いてった上着があった。
すかさず手に取って抱きしめたら、コネシマさんの匂いに包まれて、幸せな気分になれた。
syp
……///(せや、もっと服あるはず…)
クローゼットやハンガーにかけられたものなど、部屋の隅から隅までコネシマさんの服を探した。
syp
…///(よし、布団の上に持っていこう。)
syp
……ええ匂い…///
…これならコネシマさんが帰ってくるまで寂しくないな!
syp
……♪///(幸せ…)
安心して、少しまどろんでしまったとき、ある1つの考えが浮かんでしまった。
syp
…!せや、コネシマさんのタバコどっかにあるはずや…
syp
吸ってみよ…//
衣服を何枚か(何十枚か)引きずりながらリビングへ向かうと、案の定灰皿の近くにタバコの箱が置いてあった。
syp
…あった…//
…カチッ、カチッ…
syp
(あ…)
syp
……ふーっ…//(コネシマさんの匂い…)
衣服に包まれながらコネシマさんと同じタバコを吸っている。今俺地球上の人類において最も幸せな自信ある。
syp
…コネシマさん……///
…ただ、やはりここまで再現されてしまうと、寧ろ寂しくもなってしまう…。


寂しさを消そうとして、タバコを灰皿に押し付けて火を消した。煙が部屋中に立ち上った。
kn
ただいま〜…ショッピ君、大丈夫やったか?
syp
!!
コネシマさんが帰ってきた…!
syp
っ!?
う、動けへん…やらかした、服持ってきすぎた…
kn
あれ?寝室に居ない…ショッピ君?…あ、寝てんのか…?
syp
こね…しまさ…っ…!
kn
あ、おった!……って、何し…っ!?
kn
…!(フェロモンの量が…)
kn
…っふ、なんやお前、可愛いやつやなぁ
kn
寂しかったか…?
syp
…コクッ
kn
ごめんな…寂しい思いさせたな…
kn
…ま、あれや。ちょっと荷物置いてくるから、待っててな?
kn
すぐ戻ってく……
syp
…こね…しま、さん……//
必死の思いで重たい腕を伸ばし、服の裾を掴んだ。
syp
…離れんとって…?///
kn
っ…!?///い、いや、ほんとちょっと、すぐだから…!
syp
…まだ俺に寂しい思いさせるつもりすか…?///
kn
っ〜…!///
kn
…あ〜…もうほんま……////
kn
……ギュ
静かに優しく、抱きしめられる。
何より暖かくて、コネシマさんの匂いが直に感じる。
kn
…帰ってきた時、フェロモンの匂いが凄くて、巣作りまでしててそれがほんまに可愛くてな
kn
余裕なんてないし、すぐにでも襲ってやりたかった…
kn
…でもそこまで言われてもうたら…
syp
…俺…も、我慢…、できな…、////
震える体を抑えて一生懸命にキスをしようとした。
kn
っ…!!
syp
チュ…
kn
…っ…ほんまに…そんな煽んな…///
kn
…我慢きかんくなるやろ
syp
…いいっすよ、我慢せんくて…///
syp
もっと…
kn
っ…!!////
kn
っん…チュ…チュックチュ、クチュッ…
syp
んっ!///…っふ、んんっ……!////
kn
チュ…チュプッ…っはぁ…///
kn
…俺のタバコの匂いがする…///
吸うてたんか?
syp
…はい…っ//んっ!///
kn
っ…はぁ、…んっ、むっ…///チュッ、グチュッ…グチュ
syp
んむっ、!///ふぁ…!////
syp
んんぅっ!////ん、んんっ〜!!////
kn
っ…!…はぁ、…っ…///
syp
ちょ、コネシマさっ…///
口を離した途端、上着を脱がし、Tシャツの上から胸の先をなぞった。
kn
…我慢せんくてええ言ったんはお前やろ
syp
っ…!///
Tシャツの裾から手を入れて、お腹から胸まで優しく手で触れた。
角ばってて、温かい手。
syp
は、っ…///あ、んっ…♡////
kn
…//(ほっそ…)
syp
あっ!///ぁ、んんっ…!///
胸の先を指で弄られ、思わず声が漏れてしまう。
syp
ふーっ…///ふーっ…♡///…ん、んっぅ…!////
kn
…声我慢せんでええから、な?(グリッ
syp
あ"ぁ!!♡////あ"、ぁ…!♡/////
kn
……はっ…///はー…///(やばい…可愛すぎ…)
kn
…っ…、///はぁ…っ…//(てか…フェロモンの量エグいなほんま…)
syp
あ、ぁあっ…!♡////ん、んん…んっ…!////
syp
…や、やらぁ…♡////も、もう…焦らさないで…♡/////
kn
…っ…!///
kn
…もうどうなっても知らんからな…///
そう言って徐にズボンを脱がせて、硬くなったモノを触り始めた。
余裕のなさそうな顔が、余計に胸を熱くさせた。
syp
っあ、♡!///ぁ、あぁっ…♡♡!////
kn
こんな硬くしてもうて…///ほんまやらしいやつやな…//クチュッグチュッグチュ
syp
ぁ…!///ああ、ぁっ…!♡////ぁ、あんっ、ああっ!♡♡/////
syp
や、やらぁ…♡////がまんできない…っ…♡////
kn
我慢なんかせんでええって…///グチュッグチュクチュッ
syp
あぁっ…!♡/////でちゃ、う…っ…!♡♡//////あっ、ぁあ…!♡/////
syp
あ、っいく、!♡////ぁあ…あ…っ〜〜!!♡♡//////ビュクッビュッ…ドピュッ…
白濁の精子が派手にかかった。コネシマさんの手はドロドロで、散乱した服の上にも多少かかっていた。
syp
っ…////ふーっ…ふーっ…♡////
kn
あ〜ぁ…こんなに出してもうて…悪い子やなぁ…♡///んっ…//ペロッヂュッ…ゴクッ
そう言って手にかかった精子舐めとって、ほとんど全部飲み込んでしまった。
kn
ん…//っはぁ、おいし…♡///
syp
ぁ、こね、しま…さっ…♡////
kn
ん、なんや…?♡///
syp
っ…うし、ろ…///はやく…いじって…?♡////
自ら脚を開いて、誘惑するように問いかける。


この際、品性なんてどうでもいい。はやくコネシマさんが欲しい。
kn
ッ…!///
kn
ああもう…///
クチュ…グチュックチュッ…
syp
っあぁ!!♡♡/////あ、ぁあ〜っ…!♡/////
kn
こんな濡らしてもうて…っ…ほんと淫乱なやつ…///
syp
あ、ぁあんっ!♡////あっ、んあ、っあぁ…!♡/////
だらしなく声を垂れ流してしまう。生暖かい指がどこを触れても感じてしまう。
感じすぎて頭が飛びそうだ。
syp
あ"ぁ…っ…♡////あ、あぁんんっ!!♡/////んっ、あぁあ…っ…!♡/////
kn
はっ…///はっ…///(だめだ…はやく挿れて、今直ぐにでも犯してやりたい…)
syp
っあ、ぁもっと…♡////もっとしてよぉ…♡////ぁあんっ!♡////
syp
っあ"ぁ、!!♡♡/////あぁ、ぁあ、!♡////あ、あぁ…♡////
でも、
指よりもっとずっと欲しいのは、コネシマさんの…
syp
フーッ…♡///フーッ……♡//いつまで…じらすんれふかぁ…////
syp
はやく…♡////はやくこねひまひゃんの…///くらはい…♡/////
kn
っ!?///
kn
え…ええんか…?//まだ解れきってないやろ…?///
syp
いいから…!////はやく、っ…♡////いれてほひいの…っ…♡/////
kn
っ…////…ほんまにエロいやつ…♡////
kn
挿れてやるから…っ…
kn
…やめろとか、言うなよな…?♡////
そう言って、コンドームを歯と片手で開け、さっさと付けた。
呼吸の乱れたまま、先をあてがう。

ようやっとコネシマさんと繋がれる。
syp
ふーっ…♡////ふーっ…♡////
kn
っ、!////ズチュンッ
syp
っっ〜!!?♡♡♡///////はっ…!♡////あ"、ぁ、あぁ…っ〜…!!♡/////ビクビクッ
一気に奥まで入りこみ、我慢していたものが込み上げてくる。
kn
っあ…////ぁ、はぁっ…!♡////グリュッグチュッグチュ
syp
ぁああ、あんっ、!♡////や、おく…っ…!♡♡//////おくあたってりゅ…っ、!♡/////
kn
っあ、ぁ…っ…!♡////あー…やばい…♡////バチュッパチュズチュッズッ
一定の速度で奥にずんずんと響く。激しくて狂犬みたいに乱れるコネシマさんがなんとも愛おしい。
kn
気持ちええなぁ…?♡////
syp
きもちい…っ、!♡/////あ、ぁ"あ、ぁっ…!!♡////きもちぃれしゅ、っあぁあ!!♡♡/////
甘い声が脳天に響く。その声に抗えず、また声が出てしまう。
syp
らめぇっ…!♡////でちゃう、せぇしでちゃうよぉ…っ…!♡////
kn
出してええよ…っ、!♡////グチュンッグチュグチュッヌチュッグチュ
syp
や、はげしっ、!♡♡/////んや、ぁ、あ"ぁあっ!♡♡/////っぁ、いく、っ!♡////いくいく、っいく、っ〜…!!♡♡♡//////
syp
っ〜〜!!!♡♡♡//////ビュクッビュッ
syp
っ、あ、ぁあ…ッ!♡/////ビクンッビクッ
2度目の射精のはずだったが、大量に溢れ出て、その辺りに白く飛び散った。
syp
はっ…!♡////はっ…!♡////…はぁ、ぁあ…っ、♡////
足りない。こんなんじゃまだまだ足りない。
syp
もっと…♡////してくらはい…♡♡/////
kn
っ…!///
kn
…お望み通り、ぶっ飛ぶまでシてやるから…///
そういって、体をひっくり返される。
お互い顔が見えなくなってしまった。
kn
…もちろん、まだまだイけるよな…?////
syp
っ…////はいっ……♡/////
kn
っ!♡////ぁ、ん…っ…!♡////グプッヌプッグリュッ
syp
あ、ぁあ"あ、っ!♡////ぁあん、んっん!♡♡/////
さっきのよりもまたさらに奥に衝撃が来る。
syp
あぁ!♡////ぁ、あぁっ、!!♡♡/////
kn
っ…////これ、これか…?♡/////グリュッグリュ
syp
あ"ぁあっ、!!♡♡/////あぁ、ぁあんっ!!♡////らめぇっ…!♡/////そこ、っ//やらの…!♡///あ、っあぁ!!♡♡//////
kn
はぁ…っ…♡////やば…♡えっろ…っ♡////
kn
…ダメや…っ…////もう出してええか…?/////
syp
うんっ…♡♡/////いっぱいらして…ぇ…?♡/////
syp
おれ…も…♡////またでそう…っ…!♡/////
kn
っ…!♡/////ぁ、あ〜…っぐ、!♡////ん、んっあ、ぁ…!♡////ズチュッズチュズッズプッ
追い討ちをかけるように、またさらに激しく、強く腰が動く。
syp
あ"ぁ、あぁあ!!♡♡/////ぁあんっっ!♡♡/////んあ、っ、!♡////いくっ…!♡/////いっちゃ…!♡♡///////
kn
っあ、んっ…!♡/////あぁ、好きにイけな…?♡/////俺、も、…出そうっ…♡♡//////バチュッパチュヌチュッ
syp
あ、ぁあ!!♡♡//////いくっ、いくっいくいく…!!♡♡//////
kn
っはぁ、でる、っ…!♡/////
syp
っっ〜〜!!♡♡♡///////ビュルッビュッビクンッビクッ
kn
っ、ぁあ…!!♡♡//////ビュクッビュドプッ
一枚の薄いゴム越しに、熱い精子が広がるのがわかった。

本当はゴムなんかいらなかったけど、俺達には必要なものだった。
kn
はっ…はっ…♡////はぁ、っ…////
syp
っ、はぁ…っ…♡♡/////はぁ、はぁ…♡///ビクッ
全身の痙攣が治らない。身体はまだ熱く疼いて欲しがっているのに、頭がぼーっとして、俺はその場に倒れ込んでしまった。
syp
はぁ…はぁ……___
kn
っ……ごめんな…お前やって疲れてんのに…
ーーーーーーーーーー
目が覚めると、直ぐ隣にコネシマさんがいた。
腰は痛いし体は怠いし、頭痛もするが、隣で眠るコネシマさんを見ていると、どうでも良く感じてきた。
syp
……コネシマさん…ボソッ
フワフワの金髪を軽く指先で撫でながら、試しに小さな声で名前を呼んでみる。
kn
…ん……?ピクッ
少し反応して、瞼を擦り上げた。
kn
…ショッピくん…、大丈夫か…?
syp
俺…は、まぁ…大丈夫っす。
kn
…そうか…。なんか途中でショッピくん意識落ちてもうてな、心配やってん。
syp
…迷惑かけましたね。
kn
いや、ええねん。ショッピが無事だったらそれで。
kn
もうちょい寝よな?今日はしっかり休むぞ!
syp
…はいっ!
やっぱり、コネシマさんには敵わないなぁ…。
ーーーーーーーーーー
主
ちっす!
主
今回結構syp君の喘ぎ方をこう、なんかあざとい系にしたんですが、やっぱ慣れないことはするもんじゃないっすね…
主
今回みたいなやつの方が萌えるんですかね?私はそこまで萌えませんが
主
まぁまぁ、顔面偏差値114514はやはり114514でしたね。
主
それでは!

プリ小説オーディオドラマ