第11話

四流その2(ver1.1)🔞
843
2022/06/04 12:28
主
🍺の話のえつえつバージョンです
主
emがzmを家に連れてきたとこからです
ーーーーーーーーーー
side em
em
…あ、ゾムさん…?起きてますか?
zm
…んあ…?起きとる…
em
あのー…ゾムさんこのままだと頭ぶつけるので一回降りてもらっていいですか…?
zm
…おん…
玄関先で一度ゾムさんを下ろし、腕を肩に回して家に上がらせる。
em
もうこのまま寝ちゃいますか?それかシャワー浴びて…
zm
…ねる…
ベッドに座らせると、すぐにその場で横たわってしまった。
em
じゃあ着替えましょうか。服は貸しますよ
zm
…おん…ありがと…
薄手の長袖シャツと短めのズボンを用意して、ベッドに横たわるゾムさんの方へ向かう。
em
…ほら、ゾムさん…起き上がって
zm
…ん〜……
自分の力では起き上がれそうもないので、また首に腕を回してもらい、起き上がれるか試みる。
zm
……グイッ
em
っわ!?
起き上がるかと思えば、そのまま体を引き寄せられてしまった。
zm
…捕まえた…♡
em
っちょ、ゾム…さん…?////
zm
んっ…♡ん…は…、♡チュッ…チュクッ
em
ふぁ、!?♡んっ、んむっ…!♡
いきなり舌が入るキスをされた。お酒の味がして苦かった。
zm
っん…は…♡チュプッ
けど漏らした吐息からは甘い香りがした。
em
っはぁ、ぞ、ゾムさん…?////
zm
ん〜…?♡チュグチュ
間髪入れずに、またすぐ次のキスが始まる。
em
っんん!♡/////んっ、んん〜っ…!♡/////
em
んむっ、ちょ、ハァッ…まっ…!♡/////
zm
ん〜ん…♡…っん、逃げたらあかんよ…?♡////チュクッチュッ
em
っん、んっ、んんっ…!♡////ビクッ
em
んっ…んん、っ…!♡////っふ…//んっ!♡////
zm
…ん…♡///チュプッ
em
っはぁ…♡///はぁ…♡////
zm
…ほんま好き…♡///
そう言って、上着を脱がし、服の下から手を入れた。
そしていつのまに、立場が逆転していた。
zm
可愛がってあげよな…♡
胸の先端を指でなぞる。
今更酔いが回ったのか、動悸がおさまらない。
em
っん…!♡///っぁ…♡////
zm
はぁ〜…♡ほんまかわええ……♡♡
em
っう…!♡///ちょ、ぞむ…さっ…!♡////酔ってるんじゃ…ないんですか…っ…!♡////っん!♡////
zm
今覚めた♡
em
はぇ!?♡////
ネクタイを緩められ、シャツのボタンを外し、直に胸を触られる。
em
っんぁ…!♡///あっ、♡///
zm
っくふ…♡かわえ…♡…ん…♡ペロチュッ
em
っあ!♡///ダ、ダメですっ…♡/////
胸の先を舌で転がす。
時折甘噛みされたりもした。
em
んっ…♡////ぁ、あぁっ♡////
zm
んっ…ん、はぁっ…♡チュプッ
zm
あー……やばい…♡///チュ…クチュッ
そしてまたキスをされながら、下も脱がされてしまった。
zm
…っ、がまんできん…♡///
静かにモノを一緒に握られ、ゆっくり上下に動かし始める。
em
っん…!♡////あ、っや、っ…♡////
em
あっ♡///あ、ぁあ…っ♡////(やば…めっちゃヌルヌルしてる…)
zm
あー…♡////やばい…//擦れて…♡///めっちゃ気持ちいい…♡////ヌチュグチュッ
いやらしい水音が立ち、熱くなったモノ同士が擦れる。
em
っや、あっ…♡////はず、かしっ、♡////んっ、んぁっ♡/////
zm
っふ♡///はずかしぃな…?♡////っん♡///はずかしいの気持ちええ?♡///グチュグチュッ
em
っ…♡////き、きもちい、です…っ♡////ん、っあ、!♡/////
恥ずかしいのに、嫌なのに、どうしても素直に口が動いてしまう。
zm
やばっ…♡ほんまに、ドMなんやなぁ…♡//ここのとこきもちい…?♡////コリュッ
em
っあ"ぁ!♡////あ、あ…っ!♡/////ビクッ
zm
っふ…♡//かわい…♡////ん、っあ…♡////コリュコリュッ
弱いところばかり攻められる。そんな攻め方されたら…
em
あぁっ!♡////や、そこばっか…やめ…!♡/////あ、ぁ〜っ……!!♡♡////ビュクッビュッ…
案の定すぐにイってしまった。
痙攣は止まらず、まだ余韻が残っていたが、自分だけ気持ちよくなってしまった申し訳なさが込み上げてくる。
zm
もうイってしもたん…?♡///悪い子やなぁ…♡///
em
はぁっ…♡///はぁっ……♡///ごめん、な、さい…っ…♡////
zm
っ…♡////ゾクゾクッ
その時、意地悪に口角が吊り上がったのが計り知れないほどカッコよくて、また興奮し始めてしまった。
zm
ほな悪い子にはお仕置きやなぁ…♡///
em
…?
震える腰に手を回し、上半身を起こされる。
zm
エミさんばっかよくなるなんて、よくないよな、?♡///
em
は、はい…?///
zm
ほなここつかってもらわな…割に合わんなぁ…♡////フニッ
そう言って私の顎に手を当て、唇を柔らかく指先で触った。
zm
…ふふっ…♡///チュグッ
em
っ!!?////ぁ、っん…!!♡////
指を口の中に突っ込まれ、あらゆる箇所を指の腹で擦ったり、舌を指でキスするときのように絡ませたりした。
em
っぐ…!♡///お"、ぁ…っ!♡/////
zm
うわ…♡////やば…これ楽しいなぁ…♡////グリュグチュッグチュ
em
っんん…!♡////ん、むっ、うぐっ…!♡////
em
っはぁ…!♡///ゲホッ…ゲホッ…!
em
ふーっ…♡///ふーっ…♡///
zm
なに休んどるん?ほら、はよ咥えて…?♡////
em
はーっ…♡///はーっ……///ニュプ…
息の整わないまま、ゾムさんのを口に咥えた。
em
(やば…///めっちゃ大きくなっとる…////)
zm
っ…♡////…あー…♡///エミさん口ちっせぇなぁ…♡////
em
ごめ…ん、な…はい…♡///チュプックチュッ
zm
ん?//なぁに…?♡///もっかいちゃんと言うてみ…?♡///
em
ご、ごめんな…ふぁ…//ひゃい…///
zm
言えてへんって…♡////かわええ…♡////
zm
ほら、はよ動いて…♡////
em
…んっ…///ん、んっ…////ジュプッグチュ
zm
っ…///ぁ、あ…っ…♡////ええよ…?♡////ええかんじ…♡/////
em
ん、っ…♡ぅっ…////ジュプヌプッ
あんまり激しくすると、歯を当ててしまいそうなのでなるべく当たらないようにゆっくりする。
zm
…エミさん、口も下手やなぁ…♡///動かすで…♡////グプッズプッ
どうやらダメだったようだ。
em
っぐ!?♡////んん"っ!♡/////
zm
っはぁ…♡////歯ぁ立てんようにな…?♡/////ジュプグプッグチュッ
喉奥や上顎にあたり、思わず感じてしまう。
em
ぁ"、っん"んっ、♡////ビクッ
zm
…おいこら、エミさん、♡////お仕置きなんやから、気持ちようなってもうたら…っ♡////あかんやろ…♡////ジュプジュプッ
em
ん"ん〜っ…!♡////っぐ、ぁ…っ…!♡///
zm
っあ…♡////ん、んっ…♡////はぁ、っ…♡////あ、っあ…♡/////グチュッグチュ
声が大きくなった。それだけ気持ちよくなってくれてるということだろうか。
zm
…あー…っ♡/////だめや、出そう…っ…♡/////グチュッヌチュ
em
んっ…!♡/////んーっ…!♡/////
zm
ん、っ…////強くすんで…?♡////グチュッジュプグプッ
zm
…っっ〜〜…!!♡♡//////ビュクッビュルビュッ…
口の中に熱い液体が流れ込んでくる。
zm
…っ…♡////はぁ、っ…♡///はぁ…♡////ズル…
ようやく手を離してくれた。出た精液を口から漏らさないように舐め取りながら口を離した。
em
…っん…♡////ゴクッ
zm
はぁ…っ…♡////えみさん…飲んでくれたん…?♡////
em
…っはい、♡///つい…飲み込みたくなって…♡///
zm
…っ…♡///そ…か…///
パタッ
em
…え?ゾムさん?ゾムさんっ!?
zm
…スー…スー…
em
(…あ)
そっかこの人酔って…
em
…おやすみゾムさん…♡
半開きになった口にキスをする。
zm
…んっ…ピクッ
em
っ〜〜////(かわいい)
…もう…本当あなたって人はっ…!///

プリ小説オーディオドラマ