第8話

有無その2(🚬の話)🔞
745
2022/04/10 14:27
主
また🚬だし有無です
ごめんねっ
あ、あとながい!
主
今回はほぼtnutです。ただuttn要素もあるんで注意です!エッチなやつ書きますよ〜明日の天気はなめくじですね!
ーーーーーーーーーー
side tn
現在、俺宅にて鬱と一緒にお家デートって感じです。
別に大したことじゃないんやけどな。ただたまたま休日が重なったので泊まりにきてるだけやし。
ut
ねーねー、トンち、タバコ吸ってええ?
tn
おん、ええよ。灰皿持ってくるな。
ut
ありがとー
うちにはしょっちゅう我々だメンバーが泊まりにくる上に、そのうち半分以上喫煙者なので灰皿は用意されて当然なのである。

ええように使われてる感ハンパねぇな…
tn
はいよ。
ut
あざす。
鬱がタバコを口に咥え、ライターで火をつける。
その時の伏し目が好きで、いつも見惚れてしまう。
ut
…ふぅ…
溜息にも似た煙を吐きだす。
換気していない部屋に煙が立ち込める。もう煙にはすっかり慣れてしまった。
副流煙が体に悪いのは重々承知しているが、鬱と同じ匂いについ反応してしまい、かなりの煙を吸い込んでしまっている。
tn
…なぁ、そういやさ
ut
ん?
tn
それ…タバコってそんなに美味しいんか?
ut
…いや、あんま美味しいって訳やないけど…
ut
味より成分が欲しいって感じやな。
美味しいやつは美味しいけど。
tn
ふぅん…。
ut
なんで急に?
tn
いや…いつも吸ってるけど、苦そうやなって。
ut
甘いやつとかもあるよ。
俺の吸ってるやつはあんまり甘くないけど。
tn
へぇ…
ut
そんなに味気になるんやったらさ、
ut
試してみる?
tn
…何を、
その時、タバコの煙を口に含み、含んだままキスをされた。
tn
…んっ、!?
口がそのまま開かれ、煙が自分の口の中に入り込む。
それは想像通り苦くて、煙たくて、喉が焼け付く様だった。
苦しいのと煙で、目に涙が滲む。
tn
っは、!ゲホッ…ゲホッ…
ut
…どう?こんなん吸いたいと思うんか?
tn
…っ、いや、ごめんやね…っ
口にまだ煙が残ってる感覚がして、手の甲で唇を擦り上げる。
ut
…へぇ
その時、急激に鬱の目が変わってしまった。
tn
(はっ……)
tn
(これは……貞操の危機…!!!)
ut
…ん、チュ
もう一度、煙たい口でキスをされた。
tn
っん、!///ん、んっ…ぅ…///
煙が残ってるはずなのに、唾液でヌルヌルした舌が絡みついてくる。
それはまだ苦くて、だけど蕩けてしまうぐらい甘いキスだった。
tn
んっ、ふ…///クチュ
舌を出して、鬱の口内を探ってみるも、それもまた苦くて、でもなぜかそれが癖になって。
ut
っ…ん、っは…//チュ…
tn
っは…!///…はぁ、っ…///
ut
っ…えっろ…//
そう言って灰皿にタバコを押し付け、火を消してから優しくソファに押し倒される。
tn
…ねぇ、そうやって言うのやめてくれへん…?//恥ずかしいわ…///
ut
事実やからしゃーないの…
ut
それに、意外と言われるの嫌いじゃないやろ、自分。
tn
っっ!///んなっ…!///
ut
……////(…ほんま…そういうとこやぞ…)
俺のリアクションを全くもって無視するように、またキスをされる。
tn
んむっ!///っん、///
ut
…っん、ん〜……///チュクチュッ…チュッ
キスをしながら、部屋着の下に手を潜らせ、胸の辺りを優しく撫でられる。
tn
っん…!////ん、ぁ…!////
ut
ん…っ…////はぁ……///
tn
っは、////ぁ、っん…!////ピクッ
すっかり開発されてしまった乳首を弄られ、声が漏れてしまう。


背筋がゾクゾクして、鳥肌が立つ。
ut
……(ほんまエロいな…)
tn
っおい、っ…///ばかぁ…っ…////やめ…ろや…!///
ut
今更やめるとか、俺できねぇわ…♡
そう言って、緩いジャージのズボンを脱がされる。
ut
わ…もうすっかり勃ってもうてるな…
tn
おまっ…//誰のせいやと…///
ut
俺でしょ?
なぜか得意げにそういって(いやまぁ事実なんだけど)、下着を脱がせ、露わになったそれを手で扱きはじめた。
tn
っ…!////ぁ、っお、い…!////あ、ぁんっ…!////
ut
きもちいな…?♡声出てまうな…♡ヌチュヌチュ
tn
っあ、ぁあ…ぁ…っ…♡////んんっ…ん〜っ…!♡////
tn
っ…ふ、はぁっ、…♡///あっ、あ、…♡♡/////
ut
我慢汁エグ…溢れてもうてるやん…♡ペロッジュッ
そういって、手で扱きながら、先から垂れ始めた汁を啜り始めた。


口の中は熱くなってて、ドロドロに溶け合ってしまいそうだった。
tn
っあぁ!♡////あ、うっ…!♡♡/////や、やめ…それっ…!♡/////ビクンッビクッ
ut
ん〜…?♡…なんれやらの…?♡レロッ
tn
きもちくなってまう…っ…♡////やめてぇや……////
ut
きもちええんやったら…ん…ええやん…♡グプッヌチュッ
tn
っあぁ…っ、や、だめ、っ…♡////ダメやってぇ…♡♡/////
tn
はーっ…♡///はーっ…♡///っん、いっかい、とまれって…!♡////
ut
…チュッ…チュプッ……はい、やめたよ
tn
はぁ…っはぁ…ッ…♡///
きっとここでやめたのはお決まりの「何でやめちゃうの」「焦らさないでよ」展開を待ってたんだろうが、そんなことはどうだっていい。
tn
…クソッ…///
ドサッ
手首と肩を掴み、ソファに押し返す。


サラサラの髪の毛がソファに広がっている。
tn
…散々煽りやがって…//…許さねぇ…///
ut
…へ、
ut
え、ちょ…!そんなつもりじゃ…!!////
tn
…んなこと言うて…//ちゃっかり勃っとるやん…///
ut
あ…!////
さっさとズボンと下着を脱がせて、先走りしたそれを手で少し乱暴に扱く。
ut
っあ"…!?////ぁ、あ"ぁっ…!♡////
tn
お前な…//我慢しょーたんやろ…お前だって我慢汁すごいで…?
息を整えながら、さっきされたようにモノを舐めてから、後ろの穴にも舌を這わせた。
ut
あっ!///だ、ダメっ…////そっち…//っあ"ぁ…!♡♡/////ビクンッ
相当な量の我慢汁と唾液が混ざって、ソファはもうぐしょぐしょになっている。


そんなこともどうでもよくなってしまうほど、ただただ求めていた。
ut
あ、んっ♡////あ"ぁあっ…♡/////っあ、ぁ…っ、♡/////
静かに乱れる姿を見ると、余計に欲が掻き立てられる。


もっと乱してやりたい、って。
tn
チュプッ…ほんまにダメなん?
一度口を離して、後ろに指を入れてから問いかける。
ut
っあ、!♡////ビクッ
tn
さっきダメって…ほんまにダメやったらもっと抵抗するやん。クチュクチュッ
ut
や…!♡////だっ…て…!♡/////っあ"ぁ!♡////
ut
(あのダメは雰囲気のあれじゃん…!なんでそこマジに捉えんの…!?まさかわざとやってる…!?)
tn
鬱がいやがることはしたくないな〜って、思うねんけど。グプッグチュッグチュ
ut
ちょ…!////言葉と行動が合ってな…! ////っあ!♡////
tn
いやなの?
ut
…やって…!//
tn
やって…なに?
また指を少しずつ動かしながら質問をする。
ut
っん、ぁ…!♡///…っ、その…俺ばっかやられっぱなしじゃ…!//性に合わないっていうか…///っぁあ…♡////
tn
これはさっきの仕返しや
tn
やからしばらくはやられっぱなしでいてな?♡グチュッ
ut
っあ"ぁ!♡♡/////ぁ、あっあ…っ、…!♡♡//////
tn
ここ…?♡グリュッ
ut
っあ、んんっ!♡♡//////ん、んっあぁ…!♡♡/////
tn
気持ちええなぁ…?♡
腰ガクガクしとるで…?♡グチュッヌチュグプッヌチュッ
ut
っあぁあ"…!♡////あ、んぁあっ…!♡♡/////も…っ…ダメやっ…!♡♡/////イきそ…っあぁ…!♡♡////
tn
イく…?♡もうイっちゃうの…?♡//ジュプッジュル
指を動かしながらまた口で後ろを突く。


ドロドロになった顔を見ると、興奮してたまらない。
ut
っあぁ、ぁ、ダメっ…!♡♡//////だめっっ…!♡////いくっ、いっちゃ…ぅっあぁ!♡♡//////ビクッ
tn
イきたい?♡イきたいの…?♡ジュプッグプッヌチュッ
一際激しく指を動かすと、声にならない声を上げてもうすぐにでも達そうとする。
ut
いきたい…っ!♡♡/////いくっ、いくいくっ〜…!!♡♡♡//////
tn
…イかせてあげない♡
その場で指の動きを止め、口も離した。
ut
っはぁ、はぁ、っ…?♡///な、なんで……?♡///
tn
そんなイかせてほしいんか…?♡
tn
ほら、イかせてほしいんやったら自分でおねだりせな…♡言ってみい?♡
もっと、乱れて。俺を欲して。
ut
っはぁ、はぁ…♡////
ut
っ…//イかせて…//ください…♡///
tn
っ…////ゾクゾクッ
tn
…よく言えました…♡///
口元が歪むのがわかる。我ながら悪い趣味だ。
tn
ん…♡//ジュプッグプッヌチュッグチュグチュッ
ut
っあ"ぁあ!♡♡////ぁあ、あっ、あぁあ!!♡♡//////
ut
んぁ、あっ、あ"ぁ♡♡♡///////あぁ、んっあぁ!!♡♡/////
ut
あっ…!♡♡////あ、いくっ、いく、いくいくっ〜…!!♡♡♡///////
tn
んっ、ええよ…?♡////いっぱいイって…?♡////ジュプッグプッヌプ
ut
っあ、ぁあ、♡////…ッッ〜〜!!!♡♡/////ビュクッビュルルッ
大きく体が痙攣し、その辺りに白い精液が散乱した。
ut
っは…は、ぁ…っ…♡////ビクッ
ut
(あかん…全然、まだ足んない…♡もっと…)
ut
っ…はやく…♡///とんとんの…ちょうだい…?♡////
そう言って俺の体を押し返す。
馬乗りになって、もう限界まで我慢してるそれの先を当てがった。
tn
ちょ…//ゴムしてへんよ…?///ダメやろ…//
ut
ええの…♡///はやく…ほしいの…♡////ヌプ…
tn
っぐ…!///っん…♡////ほんまに…//明日腹痛くなっても知らんぞ…?///(介護するけど)
ut
ええよ…?///それでええん…♡/////…っあぁ…♡/////っん、ぁ…!♡////グチュ…グチュッ
耐える様に、ゆっくりと中に挿れていく。
tn
我慢…しょーる…?♡///
ut
やって…//我慢せんとすぐイってまう…///
ut
なるべく長く、触れてたいねん…////
tn
…俺は鬱から離れんよ…♡///…やから…な…っ!♡////ズチュッ
下から突き上げる様にして、一気に奥まで挿れる。


脚がビクンッと震えた。
ut
あ"ぁあ…っっ〜!!♡♡////ビクッビクッ
tn
安心せぇ…♡///満足するまで離れんからな…?♡/////ズチュズチュ
ut
っあ、ぁあ"あ〜…っっ…!!♡♡//////らめぇ、っ…♡♡/////おれ…が、うごく…っのぉ…♡♡/////
抵抗する様に手で腰を押さえつけてきたが、そんなの全くもって意味がない。
tn
させへんよ?♡////グリュッグプッグチュッ
ut
あ"あぁ"、っあぁ…!!♡♡//////や、やめ…っ〜〜…!!♡/////そこ、やらのぉ…っ!♡♡/////
tn
やだ…?♡////やだったらちゃんと止めなきゃやろ…♡////じゃなきゃ俺やめたげんで…?♡/////グチュッグチュ
両手首を掴んで後ろの方に倒させる。…なんともまぁ、エロい。
ut
やめ、やめっ…!♡♡//////やめろやぁ…っ…!!♡♡♡//////
tn
腰動いとるやん…♡♡/////なんや…?♡///抜こうと思ってん…?♡♡/////ズプズプッ
ut
いや、っ…♡♡/////はなれたくあらへん…っ…んぁ、あっ!♡♡//////
tn
やったらなんで腰動いとんの…?♡/////グチュグチュッ
ut
…き、♡//きもちええんの…!♡////うごいてまう、のも…しゃーない、ねんっ…!♡♡/////
tn
…お前ほんま……かわええな…っ…♡♡/////グチュッグチュッ
うっかり心の声が出てしまった。


可愛いのは仕方ないことだろう…!
ut
あ"ぁ"あ…っ〜〜!!♡//////だめぇ、っ、♡////いく、っいく…いっちゃう…っ〜!!♡♡♡//////
tn
いく…?♡////…俺…も、いきそう…♡////
中に出してはいけないと、抜こうと思い腰の動きを止めるが、鬱は一向に腰を止める気配がない。
tn
…っん、お、い…っ…♡////はよ抜かんと中に出してまうよ…?♡/////
ut
ええのっ…!♡♡/////はやく、ッいかせて、よ…っ…♡♡/////
焦らされすぎてまともに動けなくなっても、腰を動かし続けようとする鬱があまりにも可愛い。


流石に耐えきれない…
tn
ほんまに、出すからな…?♡/////っ、後からやめてとか、言うなよ…っ…?♡/////グチュッグチュグチュッ
ut
っあ"ぁ"ぁっ〜〜!!♡♡♡//////っは、はぁっ、はぁ…っ…!♡♡/////ビュルルッビュルッ
tn
っっ〜!!♡♡//////っん、!♡/////はーっ…♡///はーっ…♡///ビュクッビュク
ぎゅうぎゅうと中を締め付けてくる。


イったあともまだ離してくれなさそうだ。
tn
…っ…♡///…はぁ…♡////
ブカブカのパーカーの裾を捲り上げると、白い精液がベトベトにくっついている。
tn
あ〜あ…♡///汚れてもうたな…♡////
ut
っは、…とんとんが、っ…♡///あんな激しくするからやろ…♡////はぁっ…//はぁっ…♡//
息を切らしながら、ようやく解放された腕で赤くなった頬を擦り上げた。
ut
っん…♡////きもち、よかった…?♡/////
挿入ったまま、うつ伏せになり、俺の上に乗っかった。


ちなみに顔は超近い。
tn
あぁ…♡////きもちかったで…♡////
ut
ふへっ、よかった♡
深く息を吐く様に、ふにゃんと笑う鬱が、どうしようもなく可愛かった。
tn
…(ヤバい…はよ抜かんとまた勃ってまう…)
tn
…あの〜…そろそろ抜かん…?出してもうたの、外に出さなきゃやろ…
ut
え〜、満足するまで離れんって言うたやん…
tn
あ〜もうわかった!ごめんって、抜かないから!
ut
…えへっ//
満足そうに笑い、ゆっくり瞼を閉じる。
ut
…好きやで…♡大好き…♡
tn
っ…!////…もー…ほんま……///(可愛い)
tn
俺も好き…♡超好き♡///
ut
うん〜…大好き…♡
だんだん声はまどろんでいき、そのまま眠ってしまった。
tn
……寝てもうたか…//
tn
……(はよ抜かんと…中に出したの取らんとやし…)
tn
……でも、あったかいなぁ…♡
(※この後ちゃんと抜きました二つの意味で)
ーーーーーーーーーー
主
あーー私の手で生み出した架空のtnutかわい〜

プリ小説オーディオドラマ